sheva.way-nifty.com > 2006年、ドイツにて

旅の終わりに
アウグスティナー
ドイツ博物館
ミュンヘン再び
教会で観戦
オリンピックシュタディオン
ベルリンの記憶
クライン家の朝食
ICE
AOLアレーナ
シュパーゲル
チケット売り場
フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
リンブルグ
ケルンPV
フランクフルト
ヴェストファーレン・シュタディオン
ミュンヘン・アリアンツアレーナ
SWR1
シュツットガルト
フランケン シュタディオン
ライン川に浮かぶ
LIMBURG SUD
G-JUMPS
祈り届かず
古城
ドイツの子どもたち
Leipzig Zentralstadion
パブリック・ビューイング
チケットセンター

<< 前 | トップページ | 次 >>

Leipzig Zentralstadion

ライプチヒ

ドイツでのワールドカップ、初の生観戦は旧東ドイツ地域のライプチヒ。
セルビア・モンテネグロ×オランダでした。
試合はロッベンの素晴らしいゴールでオランダが勝利を収めています。

ここのスタジアム、丘の上に建ちながらも、周囲が堤防のような盛り土で
囲われている、面白い形状の造りをしていたのが印象的。

階段を登りきったとき、目の前にスタジアムがいきなり現れ感動した。
おそらく4万人くらい入るサッカー専用スタジアムで、雰囲気も良かった。
座席がちょっと狭かったけど、臨場感は最高でしたよ。

日本と違い、スタジアムに時計がないのに気がついた。
いま試合開始後何分かわからないんですよね…。
後に、ここだけではなくほとんどのスタジアムに時計がないことが
判明するのだけど、かなり戸惑ってしまいました。

固定リンク