sheva.way-nifty.com > 2006年、ドイツにて

旅の終わりに
アウグスティナー
ドイツ博物館
ミュンヘン再び
教会で観戦
オリンピックシュタディオン
ベルリンの記憶
クライン家の朝食
ICE
AOLアレーナ
シュパーゲル
チケット売り場
フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
リンブルグ
ケルンPV
フランクフルト
ヴェストファーレン・シュタディオン
ミュンヘン・アリアンツアレーナ
SWR1
シュツットガルト
フランケン シュタディオン
ライン川に浮かぶ
LIMBURG SUD
G-JUMPS
祈り届かず
古城
ドイツの子どもたち
Leipzig Zentralstadion
パブリック・ビューイング
チケットセンター

<< 前 | トップページ | 次 >>

シュツットガルト

Gottlieb-Daimler-Stadion

風雲急を告げる。
そんな言葉がぴったりくる黒い雲と強い風。
僕たちを迎えてくれたドイツの夏空は、
この日を境に不安定なものになりました。

スペイン×チュニジア戦が行なわれたシュツットガルトの
Gottlieb-Daimler-Stadionは、試合開始前から風が強く、
そのうち激しい雨が降り出しました。

僕はというと、チケットを持っていなかったため、
中央駅まで戻り、駅のパブでビールを飲みながら観戦。

ドイツ人、ドイツで働いている外国人など、様々な人々が
テレビに注視していたけれど、一様にチュニジアに声援を
送っていたのにはびっくり。どんな関係があるんだろう?

僕の隣で、小さなテーブルに似つかわしくない巨体を揺らし
一喜一憂していた黒人男性。
ドイツ語で懸命に話しかけてくれたけど、ごめんね、
全然理解できなかったよ…。

固定リンク