sheva.way-nifty.com > 2006年、ドイツにて

旅の終わりに
アウグスティナー
ドイツ博物館
ミュンヘン再び
教会で観戦
オリンピックシュタディオン
ベルリンの記憶
クライン家の朝食
ICE
AOLアレーナ
シュパーゲル
チケット売り場
フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
リンブルグ
ケルンPV
フランクフルト
ヴェストファーレン・シュタディオン
ミュンヘン・アリアンツアレーナ
SWR1
シュツットガルト
フランケン シュタディオン
ライン川に浮かぶ
LIMBURG SUD
G-JUMPS
祈り届かず
古城
ドイツの子どもたち
Leipzig Zentralstadion
パブリック・ビューイング
チケットセンター

<< 前 | トップページ | 次 >>

ケルンPV

ケルン大聖堂をバックに

決勝トーナメントが始まった6月24日。
ホストファミリーに連れられてケルンのファンフェストへ。

もちろんお目あてはR16初戦のドイツ×スウェーデン。
かの有名なケルン大聖堂の周りには、試合開始の
数時間前から人、人、人…。数万人が集まった。
これが試合会場のミュンヘンを始め、ドイツ全土で
見られた光景だったのだ。

日韓W杯を4年前、地元で体験した僕たちだけど、
ああ、ここまで盛り上がれなかったな、
そうか、こんなにはっちゃけちゃっていいんだ、
なんてフクザツな感情を抱く。
チケットあろうがなかろうが、宮城に行っていれば
よかったんだ、なんてね。

スウェーデンに圧勝したこの日を境に、
ドイツはひとつになっていく。
かつて、ドイツ国旗を振ることさえ罪悪感を禁じ
えなかった国が、ひとつの旗のもとに一体となった。

日本では街中で日の丸を振ることに抵抗感が強い。
サッカー文化がどれだけ深く国に根を下ろしているか、
その差を実感させられた1日だった。

固定リンク