sheva.way-nifty.com > 2006年、ドイツにて

旅の終わりに
アウグスティナー
ドイツ博物館
ミュンヘン再び
教会で観戦
オリンピックシュタディオン
ベルリンの記憶
クライン家の朝食
ICE
AOLアレーナ
シュパーゲル
チケット売り場
フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
リンブルグ
ケルンPV
フランクフルト
ヴェストファーレン・シュタディオン
ミュンヘン・アリアンツアレーナ
SWR1
シュツットガルト
フランケン シュタディオン
ライン川に浮かぶ
LIMBURG SUD
G-JUMPS
祈り届かず
古城
ドイツの子どもたち
Leipzig Zentralstadion
パブリック・ビューイング
チケットセンター

<< 前 | トップページ | 次 >>

チケット売り場

ゲルセンキルヘン アレーナ・アウフ・シャルケ

ちょっと不親切なひと場面。

チケット発券のことを何度か書いたけれど、
まあ足止めを食らうこともあれど順調にきていた今回の旅。
最後に残っていた分を発券しようと、試合開催のない
ゲルセンキルヘン、アレーナ・アウフ・シャルケへ。

W杯観戦チケットの現地発券は、いずれのスタジアムの
チケットセンターでも可能ではあるけれど、試合が開催される
当日のスタジアム、そしてもう試合が開催されないスタジアム
では発券できないのだ。

W杯も終盤を迎え、最寄のスタジアムではもう試合予定がなく、
まあそれでも見学がてら行くかとゲルセンキルヘンまで遠出。
そんなに遠くはないんですけどね、それでも東京から静岡に
チケットを発券しに行くようなもので…。
ICEに乗ってドイツじゅうを旅しているうちに距離感覚が狂った。

やっとの思いで着いたスタジアム。
案内図を見て周辺をウロウロ。
でもどこのチケットセンターらしきカウンターも、写真のようにCLOSE。
警備員に聞けば、チケットセンターは「あっち」
「あっち」の方向に進むと、こんどは「反対」

ドイツ人って「知らない」って言うの嫌いなのかな、とか思ったよ。
いや実際、何を聞いても答えてはくれるんだけど、必ずしも正確ではない。

結局、広い敷地を1時間ほど歩き回り、やっと見つけました。無事に発券。
あまりにも疲れたので、帰りにデュッセルドルフで、今回初めて日本食の
店に入って食事をする。高かった。

いや、フランクフルト→ゲルセンキルヘン(発券)→デュッセルドルフ(食事)
→フランクフルト、って距離感は間違っていると思うけれど…。

固定リンク