sheva.way-nifty.com > 2006年、ドイツにて

旅の終わりに
アウグスティナー
ドイツ博物館
ミュンヘン再び
教会で観戦
オリンピックシュタディオン
ベルリンの記憶
クライン家の朝食
ICE
AOLアレーナ
シュパーゲル
チケット売り場
フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
リンブルグ
ケルンPV
フランクフルト
ヴェストファーレン・シュタディオン
ミュンヘン・アリアンツアレーナ
SWR1
シュツットガルト
フランケン シュタディオン
ライン川に浮かぶ
LIMBURG SUD
G-JUMPS
祈り届かず
古城
ドイツの子どもたち
Leipzig Zentralstadion
パブリック・ビューイング
チケットセンター

<< 前 | トップページ | 次 >>

ICE

ハンブルク中央駅

これが僕たちをドイツ各地へと運んでくれたICE。
インター・シティ・エクスプレスの略で、
日本の新幹線がもっと色んな地方へと延びている感じ。

車体はスマートで車内もきれい。
座席は広く、テーブル付きの席もある。
個室も予約が入っていなければ自由に使える。

そして僕たちは、WMパスというチケットの恩恵で、
大会期間中このICEに乗り放題だったのだ。
でなければこんなに各地を飛び回ることはできなかっただろうね。

WMパスは349ユーロ、5万数千円でドイツ国内のほとんどの
鉄道に乗り放題。本当に助かりました。
2等車限定のチケットだったけど、それでも日本の鉄道と比べれば
快適この上ない旅でした。

固定リンク