sheva.way-nifty.com > 2006年、ドイツにて

旅の終わりに
アウグスティナー
ドイツ博物館
ミュンヘン再び
教会で観戦
オリンピックシュタディオン
ベルリンの記憶
クライン家の朝食
ICE
AOLアレーナ
シュパーゲル
チケット売り場
フリッツ・ヴァルター・シュタディオン
リンブルグ
ケルンPV
フランクフルト
ヴェストファーレン・シュタディオン
ミュンヘン・アリアンツアレーナ
SWR1
シュツットガルト
フランケン シュタディオン
ライン川に浮かぶ
LIMBURG SUD
G-JUMPS
祈り届かず
古城
ドイツの子どもたち
Leipzig Zentralstadion
パブリック・ビューイング
チケットセンター

<< 前 | トップページ | 次 >>

教会で観戦

田舎の教会にて

7月4日、W杯もいよいよ準決勝。
残っているチケットは翌日のミュンヘンでの一戦と
シュツットガルトでの3位決定戦だけとなった。

注目のドイツ×イタリア戦は、滞在先から車で15分くらいの
ホストファミリーの実家近く、教会でテレビ観戦することに。
実は選択肢は二つあって、ひとつはこの教会で一般観衆と
観戦、もうひとつは友人宅でのホームパーティで観るというもの。

もちろん、もう何回か会ったドイツの友人たちと一緒に盛り上がる
のもよかったけれど、ドイツ語がわからないので試合中の話に
入っていけない、友人たちに英語で話すことで気を遣わせたくない
ということもあり、教会での観戦を選んだ。教会でサッカー観る
ってのが面白かったこともあるけれどね。日本だとお寺で観戦?

地域のコミュニティが運営していて、大きなスクリーンに映像が
映し出され、簡単な食べ物が売られていたりイベントがあったりする。
試合開始前には地域の偉いさんの挨拶があり、日本からのお客と
いうことで紹介されたり…、ああ、そりゃ珍しかろうて(笑)
いろんなひとが寄ってきて、英語で話しかけてくる。中にはカタコトの
日本語を喋るひともいた。こんな田舎にもいるんだね、と感心したり。

ハーフタイムイベントってのもあって、その時点でのスコアを予想。
イタリアリードを予想して商品ゲットも考えたけど、いやそれは
あんまりだと考え直し、0-0のスコアレスと書いて投票。
冷静に考えてもこの可能性が一番高かったしね。

そして僕の予想は見事に的中し、商品としてサッカーボールもらった。
ほかにいなかったのかなぁ、ほとんどのひとはドイツリードと投票する
に違いないとは思っていたけど…、あるいは日本人へのプレゼント?

試合は延長にてイタリア勝利。ドイツの躍進はここまで。
重い雰囲気のなか解散。帰りにホストファミリーと合流したときも
彼らは虚脱感いっぱいで、かける声もなかった。

固定リンク