« いい大人の週末 | トップページ | 勝ちにこだわる »

2006/11/15

動かされる選手たち

韓国、昌原で行なわれたU-21代表交流戦。
映りの悪いテレビで観戦しておりました。
これからの季節、風が吹くとうちのBSはダメになる…。

試合開始直後、日本代表は圧倒的に韓国に押し込まれる。
個々のスピードが違うところに、組織で守れない日本守備陣が
まったく対応できないうちに1点を先制された。

このまま、何点取られるんだろう…。
そんな不安を抱かせるほどの、危うい立ち上がりでした。

それもそのはず、今回アウェーで戦いに挑んだ選手たちは、
これまでこの年代での試合経験が乏しいメンバーが中心。
おまけに直前、怪我人が出て数人がリタイアしている。
テスト生がいきなりチームを組んで、試合をしたような感じだった。
数日の練習では組織的な守備や攻撃が出来るはずがない。

しかしここで不思議なことに、韓国の攻勢が止まった。
余りにも手ごたえがないので、休んでしまったのか?
韓国もチームを組んだばかりで、手探りの状態だったのか?
ちょっと理由を推し量ることは出来なかったけれど、
先制攻撃を与えたあとの韓国からは、あの圧力が消えた。

日本代表の多くは、普段はJリーグでも試合に出ていない
選手たちだった。結果を残している谷口、水野、カレンにしても、
まだチームを動かすことができる選手じゃない。
まだ、他の選手に動かされて活躍している段階なのだ。

だから、序盤の日本には、チームを動かす、統率する選手が
いなかった。法政大の本田はチームでも中心選手だろうけど
(すみません、観たことないので。。。)、韓国相手に本領を
発揮できるほどの経験は持ち合わせていなかったろう。

しかしボールを蹴るうちに、当たりの強い韓国と競り合っている
うちに、かつて自分が中心であったころ(ほんの数年前だけど)
を思い出したのか、それぞれクリエイティブなプレーが出来る
ようになってきた。

いくら経験の少ない(今まで召集に漏れていた)選手とはいえ、
ちょっと前、高校生やユースのころには、そのチームの中心選手
であったはず。チームメイトを鼓舞して、動かして試合をこなして
きたはず。その感覚を、少しずつ取り戻してきているように感じた。

それは韓国を圧倒するほどじゃなかったけど、時間帯によっては
試合を支配しているときもあったし、ディフェンス面でも、慌てて
ただ追いかけるだけの守りも徐々に減ってきた。組織的に守れる
ようにもなってきた。

韓国のフィニッシュがちょっと正確性を欠いていたことで助かった
ところもあるけれど、失点は開始直後の1点に抑え、オウンゴール
とはいえ引き分けに持ち込んだ。よくやったと思う。


来週は同じ組み合わせが、日本の国立競技場で行なわれる。
日本代表のメンバーはたぶん入れ替えるかな?
今日の試合を踏まえて、そして今回は呼ばなかった選手を加え、
おそらく五輪代表の核となるメンバーで挑むことになると思う。
(反町監督の頭の中はわからないけど…)

この季節のナイトゲーム、寒いだろうけど、防寒しっかりして、
暇なひとはぜひ観にいってみましょう!
チケットはたくさん余っているはず(笑)

|

« いい大人の週末 | トップページ | 勝ちにこだわる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/12693206

この記事へのトラックバック一覧です: 動かされる選手たち:

« いい大人の週末 | トップページ | 勝ちにこだわる »