« ブログ始めました | トップページ | 神様はよく見てる »

2006/11/09

ファイナリストの宿命

天皇杯4回戦の残り2試合、テレビで観戦しました。
正確にはまだ鹿島×Hondaは進行中なんですけどね。

千葉×札幌の一戦、札幌が素晴らしい試合の入り方をした。
高い位置からプレッシャーをかけ、相手に自由にボールを持たせ
ない戦法で、見事に序盤の主導権を握った。
ここで長いボールを入れ、札幌の選手を後に引き戻せば少しは
落ち着いたんだろうけど、それは千葉のサッカーではないんだよね。
カップウイナーとしての意地があったのだろうか、自分たちのつなぐ、
走るサッカーを展開することで力の差を見せようとした。

札幌としても、アップセットを起こすに十分なサッカーをしていた
わけではない。守備のところであちこちに綻びが見られたし、
失点に直結してもおかしくないミスを何度も犯している。
しかし、千葉はそこを突くことができなかった。
格下の対戦相手と対峙したときに、ミスをしたら負けだという
プレッシャーを与えられなかった。

千葉の選手にはかなり疲れが見てとれた。自分たちができるはずの
サッカーができない焦りが次第に浮き上がってくる。
札幌の選手はミスしようがなにしようが、攻め続けるしかないとの
共通意識から、何度チャンスを逃そうともリスクを取って攻め続けた。

カップ戦のファイナリストは、決勝という舞台に立てるという名誉と共に、
他チームよりも1試合多く戦わなくてはいけないという義務を負う。
カップ戦が2試合続くという日程上の不運はあったものの、
それは2冠、3冠を狙うチームは必ず超えなくてはいけない壁なのだ。

かつて3冠を達成した鹿島。いま録画で試合が流れています。
こちらは同じカップファイナルの敗者。
いい意味で気分転換ができたのか、怪我の功名で選手が入れ替わった
のがよかったのか、Hondaの試合運びがまずかったのか、危なげなく
試合終了を迎えようとしている。

連戦であることは言い訳にしてはいけない。
それはファイナリストの宿命なんだから。
まだまだ発展途上のチームだってことだ。

|

« ブログ始めました | トップページ | 神様はよく見てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/12613329

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナリストの宿命:

« ブログ始めました | トップページ | 神様はよく見てる »