« 神様の悪戯 | トップページ | 写真追加しました »

2006/11/22

なんとも歯がゆい

U21交流戦、日本×韓国、国立競技場。

国立で韓国戦ですよ?
カテゴリーは違えど、歴史ある対戦ですよ?

でもこの試合からは、まったく熱が感じられなかった。
かつて凌ぎを削った日本と韓国。国の威信をかけた戦い。
そんなノスタルジーは、いまの若者には関係ないのかな?

粒ぞろいの日本は、誰が仕掛けるともなく、なんとなく
個々の実力をそこそこに発揮するだけ。
対する韓国は、1対1では勝てないからきっちりと戦術を守る。
気持ちを前面に押し出すのではなく、いい子のサッカー。

まあ、観ていた僕自身が、誰が出るのかなぁ、とか、
韓国に知ってるやついねぇなぁ、とか、物見遊山的な気分で
いたから偉そうには言えないかもしれないけどさ…。

報道で監督談話として伝わっていた、
「気持ちのない選手は5分で交代する」
ならば全員代えてもらおうか(怒)と思っちゃった。

下手なサッカーはしたけれど、自分をもっとアピールしたいと、
この世代の代表に生き残りたいと必死で頑張っていた
先週の韓国遠征メンバーの方がよっぽど心に残るプレーを
していた。

そんな、いい意味での、カラを破る選手が出てきて欲しかった。
国立で韓国に勝たずにどうする!とバカみたく突進する選手とか、
自分のミスを棚に上げても味方を鼓舞するやつとか…。

あ、でも、
一番歯がゆい思いをしていたのは、
ベンチの井原コーチかもしれないな。

戦術やプレーを教えるよりも、気持ちを伝える方が難しいもんな…。

|

« 神様の悪戯 | トップページ | 写真追加しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/12776404

この記事へのトラックバック一覧です: なんとも歯がゆい:

« 神様の悪戯 | トップページ | 写真追加しました »