« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »

2006/11/30

勝つには勝ったが

第15回アジア競技大会 2006/ドーハ
サッカー 日本×パキスタン

アジア大会、開会式を待たずにサッカー競技がスタート。
日本の初戦の相手はパキスタン。大量得点で、同グループに
入ったシリア、北朝鮮に差をつけておきたいところでした。
この組み合わせの場合、3すくみになってもおかしくないからね。

でもまあ今日の内容じゃ、結果的に勝ってよかったな、と。
本田のFKの凄さはJリーグでも実証されているし、谷口の
得点力の高さは、今季の得点ランキングに、並み居るFW陣を
差し置いて上位にいることからも明らか。

その2人は結果を残した。そして他の選手も、それぞれの持ち味を
存分に発揮して頑張った。ちょっとGKの松井の集中力が欠けて
いたような感じがするけど、大きなミスはなかったと思う。

でも、何か物足らない…。
それは、この世代の精鋭たちが集結し、プラスアルファが何も
なかったことだ。能力ある若者が集まり、ひとつの目的に向かった
ときに発揮される、普段は考えられないようなチカラ。

またはお互いに補完しあうようなチームワーク。
ゴールに向かわないカレンは磐田のままだったし、戦術平山でないと
生きない平山はFC東京のままだった。本田さえも先制FKがあまりにも
素晴らしかったせいか、その後は抜いたような動きだったし、
谷口の守備も軽かった。

いいところも、悪いところも、
それぞれが所属チームで見せているもののまま。

まあ、合流して間もないしね。。。
おっと、そんなことはないぞ、五輪代表として何度も一緒に
練習してるではないか!
次の試合まであまり間もないけど、しっかり融合してくれぃ。

そして反町監督の采配。

オシム-反町ラインで目指すサッカーはわかるし、魅力的ではあるん
だけど、やはり体力的にベストの状態でないとあの戦術はしんどい。
特に、相手が守備的にきた場合、どうやって崩そうか走り回っている間に
こっちが疲れる。敵も同じく走ってくれれば、お互いに疲弊して、それでも
最後に1歩走れる方が勝ったりするんだけど。

たまには前線にボール預けて、しっかりとキープして、相手が引ききった
ところで2列目が出るとかしないとねぇ。ボールもひとも動くサッカーはいい
けれど、自分たちの攻撃に自分たちが追い立てられている感じがしたな。

青山と青山、痛いなぁ。。。次。


んで、おまけ、
サッカーだけではないぞ! ドーハアジア大会

五輪で見れない競技があったりして楽しみです。放送あるのかどうか
わからないけど、トランポリン、太極拳、カバディにセパタクロー…。
そしてアジアでは頭のスポーツと呼ばれるチェスがあったりして、
寝不足の日々が続きそうですよ。

チェス、ちらりとテレビで見たんだけど、ありゃすげぇ。スポーツですよ。
よく知ってる欧米のチェスとは一風違った指し方で、ルールも知らな
かったりするけど、ただ見てるだけでもかなり楽しめる。

もちろん水泳とか柔道とかもね、やってれば見ちゃうんだよね。
ただのスポーツ好きには楽しい12月になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/11/28

写真追加しました

アルバム、「2006年、ドイツにて」
写真5点追加しました。

クロアチア戦までの5日間です。
暑かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »