« なんて便利な場所に… | トップページ | 今年のスローガン »

2007/02/07

幸せなスタジアム

「世界で一番、幸せなスタジアムをつくろうよ!」

たぶん、去年スタジアムにサッカーを観に行ったひとで
あれば、一度はこの標語を書いたポスターを見たはず。
わかりにくい標語ばかり作り出すJリーグにしては簡単明快。
そう、外国人がびっくりするような空間を僕らなら作れるはず。

サッカースタジアムの在りようは、その国、地域を写す。
過去の反省を踏まえ、整然と整備されたイングランドのスタジアム。
ひとに優しく、環境にも十分配慮しているドイツのスタジアム。
熱い気持ちを存分に燃焼させることができるスペインのスタジアム。

ボールが転がることはなく、兵器が占領しているスタジアム。
墓標が立つスタジアム…。

スタジアムの外の事件とはいえ、イタリア、カターニャで起こった暴動。
偶発的ではなく、悪意を持って引き起こされたという報道もあるけれど、
すごく悲しい事件だ。

カルチョスキャンダルで地に落ちたイタリアサッカー界。
ワールドカップを制したことで一息ついた感もあったけれど、
サッカーを何かの道具に使う、
という根本的な問題は変わっていないのか。
依然としてトト(賭け)であり、不満のはけ口なのだろうか。
サッカーは楽しみではないのか。

日本のJリーグでは、トトは売ってるけど売れていない(笑)
不満のはけ口になるほど大衆文化にもなっていない。
いまは純粋に、サッカーを楽しめる環境にある。

でもいつか、不幸な事件が起こらないとも限らない。
世の中では理解に苦しむ事件が数多く起こっている。

そんなことがないように、
「世界で一番、幸せなスタジアムをつくろうよ!」
とずっと心に留めておきたい。

子どもが自由に走り回っているスタジアム、
そんなのは日本にしかない。

|

« なんて便利な場所に… | トップページ | 今年のスローガン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/13818342

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せなスタジアム:

« なんて便利な場所に… | トップページ | 今年のスローガン »