« 五輪代表、二次予選メンバー発表 | トップページ | FC東京×東京ヴェルディ1969 »

2007/02/24

浦和レッズ×ガンバ大阪

混んでそうなので自宅テレビ観戦。

現在のチーム状態が如実に現れた結果でした。
怪我人たちがすごく豪華な浦和と、
家長が抜けているだけのガンバ。

また試合前のスタメン発表をみて注目した
浦和新加入の阿部と鈴木のコンビネーション。
代表で何度か一緒にやったことはあっても、
役割が全然違うので不安はあった。
二人は並び立つことができるのだろうか。

その不安は序盤から的中。
左に回った小野を中心として、結構いい具合に
試合のペースを握っていた浦和だったけれど、
阿部と鈴木が埋めるべき中盤の底、いわゆる
バイタルエリアが空く場面が幾度か見られた。

左サイドの新戦力、安田を生かす攻めを続けて
いたガンバ。しかし外に意識を集中させておき、
すっぽり空いたバイタルエリアに一気に
侵入したのが遠藤と二川。二人の嗅覚はすごい。

そして阿部と鈴木がDFラインに吸収されると
みるや、左右にボールを散らしてやりたい放題。
前線へのボール配給が減ったことでワシントンが
下がってもらいに来るが、そこは橋本や明神が
見事に抑える。そもそも低い位置でボールを
持たせてもあまり危険な状態ではないので楽。

初めての大きな意味を持つ試合にコンビで
臨んだ阿部と鈴木、対して熟成された橋本と明神。
その違いも大きかったと思う。

それにしても相変わらず、調子に乗せたときの
ガンバは怖い怖い。どこからでも組み立ててくるし、
今日は新戦力のバレーを試すこともできた。
万全の体制で開幕を迎えられるだろう。

対して浦和は、怪我人がどこまで戻ってくるか。
闘莉王不在で開幕を迎えるのは不安が大きい。
今日は大事を取って休んだんだと思うけれど。
相手は何かと話題の横浜FC。おそらく開幕に
焦点を合わせて調整しているはず。
このままでは苦しい序盤戦になりそうだね。

|

« 五輪代表、二次予選メンバー発表 | トップページ | FC東京×東京ヴェルディ1969 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14032845

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズ×ガンバ大阪:

» アマチュアサッカー [cafe dairy]
うちの夫はアマチュアサッカーを独身時代から続けている。私と付き合う前にも、たまたま浅草でゲームをするということから応援に行ったこともある。今では懐かしい甘い時代(笑)。 [続きを読む]

受信: 2007/02/24 21:23

« 五輪代表、二次予選メンバー発表 | トップページ | FC東京×東京ヴェルディ1969 »