« 五輪予選、その他の結果 | トップページ | 北京五輪 アジア女子サッカー最終予選 »

2007/03/04

川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ

Todoroki
2007年Jリーグ開幕!

等々力競技場へ行ってきました。
入口で配られるJリーグの袋や、異常に長い行列、
まだ不慣れなボランティアスタッフの手付きさえにも
開幕を感じてしまう。待ちわびたシーズンのスタート。

注目の川崎×鹿島。
キャンプ出端でいきなり期待の新戦力、左サイドの
フランシスマールを怪我で失った川崎と、つい先日、
これも僕が個人的に天才だと思っている野沢が故障で
戦線離脱した鹿島。どちらがその穴をうまく埋められる
のかがポイントだと思っていた。

川崎の左サイドに入った村上は予想以上の頑張り
を見せ、唯一の得点となったマギヌンのゴールもアシスト。
最後には油切れで動けなくなったけれど、仙台を戦力外
で退団したとは思えない働きだった。

逆に鹿島は、野沢の代わりに増田でも入れるのかと思って
いたら、青木、中後、本山、ダニーロで中盤を構成。
ボールを配給する役目が不在で、攻撃が単調に。
タテに素早くボールを運ぶ戦術が序盤には功を奏した
けれど、サイドバックの2人、新井場と内田が両サイド
に開いた川崎の我那覇、ジュニーニョの対応に追われて
いたため、数的優位を作り出すには至らず。

欠員に対応する時間が十分にあった川崎と、急遽対応を
迫られた鹿島の差が出た結果になった。
まあ、開幕数試合は同じ監督、同じ選手で挑むチームが
強かったりするんだけどね。味スタでの広島もそうだし。

それにしても川崎は、いい意味でも悪い意味でも中村憲剛の
チームになった(した?)なぁ。
去年の前半戦はマルクス、後半戦には前線の我那覇、
ジュニーニョ、マギヌンと両サイドに攻撃は任せ、
谷口を生かしてバランスを取るのが仕事だったけれど、
今年はもうピッチの中央を陣取り、コンダクターのように
指揮を振るう。チェルシーのランパードのよう。

両サイドの攻撃は去年も大きな武器であったけれど、
今年は我那覇とジュニーニョもサイドに流れて数的優位
を作り出す傾向が強い。攻撃時に真ん中が空いてしまう
場面もあったけれど、マギヌンが圧倒的な運動量で
駆け回り、守備に重きを置きながらも谷口もたまには
顔を出す。そして真ん中が空くってことは、中村の
攻撃参加、特にミドルを狙いやすい形になる。

中村が出られない試合はどうするのだ?なんて危惧も
してしまうけど、そんなこと考えてたらチーム作れないし。
ま、今年も等々力で楽しませてもらいましょう。

|

« 五輪予選、その他の結果 | トップページ | 北京五輪 アジア女子サッカー最終予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14124782

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ:

« 五輪予選、その他の結果 | トップページ | 北京五輪 アジア女子サッカー最終予選 »