« 先週末に観たサッカー | トップページ | U22マレーシア代表×U22日本代表 »

2007/03/14

川崎、アウエー2連戦

先週の川崎フロンターレのアウエー2試合、
スカパー録画と再放送でやっと観た。

アジアチャンピオンズリーグとJリーグ。
フロンターレの過酷な戦いのスタートでした。


アレママラン×川崎フロンターレ

クラブとして記念すべき初の海外公式戦。
見事に勝利で飾ることができた。素直に嬉しい。
試合内容は誉められたもんじゃないけどね。
こういう試合は結果がすべて。
これから先、何年も語り継がれていくことだから。

いきなりの先制点はラッキーだったけど、序盤は
ボールが足に着かず、圧倒的なアウエーの雰囲気に
飲まれていた感が強かった。観客もすごかったし。
立錐の余地なし、ってこのことだと思えるスタンド。

思ったよりもいいピッチでもトラップ、キックミスが
目立ち、試合が落ち着かない。そんなことを考えて
いるうちに追い付かれる。一気呵成に攻めてくる
アレママラン。耐えるフロンターレ。前半が終了。

後半もずっと我慢。東南アジアサッカー特有の
えげつないタックルにも耐え、ジャッジが安定しない
審判にも文句を言わない。そして徐々に実力差が露呈。
川崎の選手のトラップが足元に収まるようになり、
次第に攻撃の組み立てが出来てくる。シュートの
精度も次第に増してくる。こうなれば時間の問題。

選手は焦ってなかったしな。
実際に同じピッチに立ち、インドネシアサッカーの
実力はどんなものか、体感してみて自信が持てたの
だろうと思う。そのうちチャンスが来る、と。
そして後半に決勝点、追加点。

それにしてもインドネシアのアレマニアは、
心底サッカーを楽しんでいる様子で、見ていてこっち
も楽しくなってくる。根付いてるんだなぁ。


ヴィッセル神戸×川崎フロンターレ

神戸がうまく守りました、って試合。
川崎は我那覇がベンチ、黒津先発だったけど、
やはりこの形では攻撃が単調になる。
我那覇のポスト、キープ力は川崎の大きな武器なんだ
なぁと再確認させられた試合でした。
よって神戸が守りやすかったのでは、と。

神戸は大久保がまだフィットせず孤立。
谷口が退場して数的優位に立っても、セットプレー
以外では得点のにおいがしなかった。
DFのミスから1点は奪ったものの、J1で戦うには
大久保をもっとちゃんと使えないと厳しいと思う。

川崎の選手、やはり身体が重かった。
インドネシアから帰ってきて中3日。
気温差もかなりあり、体調維持は厳しかっただろうね。
1週間しっかり休んでコンディションを整えて、
次は等々力で横浜FCと久々の対決。
激しく楽しい試合を見せて欲しい。

|

« 先週末に観たサッカー | トップページ | U22マレーシア代表×U22日本代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14259262

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎、アウエー2連戦:

« 先週末に観たサッカー | トップページ | U22マレーシア代表×U22日本代表 »