« FC東京×大分トリニータ | トップページ | 北京五輪予選、その他の結果(第3節) »

2007/03/29

U22日本代表×U22シリア代表

さんざんここで文句を言ってきたけれど、
シリア相手に3-0の快勝!
次で2次予選突破は確実!

…なんて喜びたいけれど、やっぱり…。

本音は(続き)に。


シリアが悪すぎた。
序盤、マークが確認できていない日本のディフェンスの
隙を突き、何度か決定的なチャンスを作り出す。
おお、行けるんじゃないか?
と思ったかどうかはわからないけれど、
とにかくシリアのサッカーが雑になった。

頻繁にポジションチェンジを行なって攻めてくる日本に対し、
ゾーンで守りを固めるでもなく、ポイントを抑えるでもなく。
ただ漫然と守っているだけ。
攻撃に関しても、最初のチャンスを除いては単発、かつ
意思統一の取れていないプレーばかりになった。

シリアのメンバーがどういうものか、先の2試合はどう
だったのか、コンディションはどうなのか、全然知らない
けれど、グループ2位の実力、とは思えなかった。
日本が対戦したマレーシア、香港にも及ばないのでは
ないかとも思えるほどひどかった。

対する日本、コンディションは上々。
ホームのこの2次予選の大一番にかけてくる意気込みは
十分感じられた。身体も軽く、コンビネーションにもかつて
感じられなかった意思統一が見られた。

だからこそ、決めるときはもっときっちりと決めてほしいし、
今日のシリア相手ならば5点6点と取れたはずだ。
家長は自由に動き回れたし、平山の高さに対抗できる
DFはいなかった。本田圭と水野もノープレッシャーで
深いところまで攻め入ることができていた。

そう、もっと取ってほしかった。
観客は勝手なもので、圧倒的な試合をしていても、
決めるべきときに決めてくれなければ文句を言う。
ひとりだけ別世界でプレーしているような選手には
嫌悪感を覚える。望みはまだまだ高いところ。
2次予選くらいは何の不安もなく通過してほしいのだ。

実際、序盤のシリアのチャンスで得点が入っていれば、
どちらに転んでも不思議ではない立ち上がりだった。
先取点を取れれば、守りももっと集中していたに違いない。

しかし結果を残したことは確か。
慢心できる内容でもないので、もっと精度を上げて。
Jリーグ戦は続くので、怪我人のケアも頭に入れて。
チームの形はまだ見えてこないけれど、ダメな相手には
そこそこ作ることができた。次のアウエーで完成形を。

それで通過決定ならば、あと2試合は監督の思うように
いろいろもっと試していいよ。勝ち取った権利なのだから。

|

« FC東京×大分トリニータ | トップページ | 北京五輪予選、その他の結果(第3節) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14444348

この記事へのトラックバック一覧です: U22日本代表×U22シリア代表:

« FC東京×大分トリニータ | トップページ | 北京五輪予選、その他の結果(第3節) »