« 川崎フロンターレ×横浜FC | トップページ | 女子代表の戦いはまだ続く »

2007/03/19

FC東京×ジュビロ磐田

20070318
味の素スタジアム、今日も寒かった。
でもここのスタンドは風が通りにくく、
写真のように陽射しもあったので楽。
後半には陽が陰ってつらかったけど…。

共に怪我人が多くベストの布陣とは言えない
状況で試合が始まったが、退場者を出した
磐田が逆に集中力が高め、我慢を続けた後に
ワンチャンスをものにした試合だった。

東京には悔しい、磐田の魂の勝利でした。

前半36分に磐田ファブリシオが2枚めの
イエローカードで退場。それまで試合を
優勢に進めていた磐田だったが、守勢に
回らざるをえなくなった。

この事態に磐田はカレンを交代で下げる。
代わりに入ったのは背番号32の山本康裕。
(聞いたことない選手だと思ったら、ユースの
 選手らしい。調べてやっとわかった…)
そしてペナルティエリアにしっかりと壁を作る。
ワントップのカレン下げて大丈夫か?と
思ったけど、西がその代わりに走り回る。

普通、退場者を出して守備専になった場合、
特に前半のうちに数的不利になったときは、
後半には疲れてしまい失点というパターンが
多いけど、ジュビロDFの壁の後ろには
更に強固な川口能活がいた。守り抜いた。

当たり出した能活は、ブラジル代表でもそうそう
簡単にゴールは奪えない(と僕は思っている)。
前半立ち上がり、怪我明けでどっか集中力に
欠けていたけれど、この退場によって覚醒。
DFの壁をすり抜けてくるシュートを、
ことごとく弾き出す。まさに守護神、だった。

東京の攻撃はスピード感があるものの、どこか単調。
最終ブロックを作られると、裏を突けないから攻撃
の威力は落ちてしまう。早めに入れるクロスは精度
に欠けた。それならと平山、ワンチョペと高さを
入れた原監督。しかしこの2人はまだチームに
フィットしておらず、この局面を打開するには力不足。

それよりも何よりも、川口能活が凄かった。
何度も書くけど…。

そしてベンチにいる中山の魂が乗り移ったかのように
前線でプレスをかけ、東京の自由な攻撃を妨げた
西と太田。西は接触プレーで痛んだけれど、足を
引きずりながら最後までプレー。太田は徒競走かと
思うほど全力で前線のボールを追った。

冒頭にも書いたけど、磐田の魂の勝利でした。
格好悪いけどね。ゴンのチームだな、と感じた。

この2チーム、またナビスコで当たるんだね。
磐田は大変だなぁ、怪我人多すぎだよ。
東京はこの短期間で攻撃を立て直すのは難しいから、
気持ちの持ちようをしっかりしないといけない、かな。

|

« 川崎フロンターレ×横浜FC | トップページ | 女子代表の戦いはまだ続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14310727

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京×ジュビロ磐田:

« 川崎フロンターレ×横浜FC | トップページ | 女子代表の戦いはまだ続く »