« 北京五輪予選、その他の結果(第2節) | トップページ | 川崎フロンターレ×横浜FC »

2007/03/17

栄養費、の問題

たまには野球の話でも。
いい話ではないけれど…。

以前、野球関係の本を担当したときにいろいろと
勉強して、話を聞いていたことがベースになってます。

興味のある方は(続き)をどうぞ。

いつかまた繰り返されるんだろうと思ってた。
3球団のオーナー辞任を引き起こした一場選手の
栄養費授受事件。2004年だっけ?
まだ何年も経ってない。変わらない隠蔽体質。
球団消滅、球界再編問題もうやむやの決着。
一時は声を上げた選手会もいまは黙ったまま。

プロ野球界の問題は、いつもどこかに隠される。
そして忘れ去られ、同じ過ちを繰り返す。

まだまだ視聴率、新聞購読数を上げるため、
球団は、野球は広告塔として利用されている。
球団経営にとって、野球は目的じゃなく手段なのだ。

巨人が強かったころはよかったよね。
独占的な人気があった巨人に有力選手が入団し、
セリーグの各球団はそれにぶら下がっているだけで
十分な収益が得られた。対巨人をぶちあげるだけで
ストーリーが作られ、ヒーローが生まれた。

しかし巨人が弱くなってから話が変わってきた。
もっと極端な話をすると、王と長嶋が引退してから
球界はドラマチックな変化を始めた。
パリーグ球団はここぞとばかりに攻勢を強め、
あの手この手で有力選手を囲い込む。
西武やダイエーがかつてやってきたこと。
プリンスホテルとかね、懐かしい響きだ。
するとさすがにそれを真似るセリーグ球団も出た。

その頃の体質がまだ残っている。
企業の不正を追及する目は、当時と比べ物に
ならないほど厳しくなっている。それは時代の変化。
プロ野球界はその変化に取り残されている。

現行のドラフト制度、希望入団枠が問題視されて
いるけれど、それはひとつの要因であって、
根源的な要因でないことは誰しもわかっているだろうに。
完全ウエーバー制にしたとしても、問題は残る。

いっそのこと、完全自由競争にしたらどうかね?
するとカネのある球団に有力選手が集まるからだめ?
だったら契約金、初年度の年俸にキャップをつければいい。
どこに入っても、もらえるカネは同じですよ、と。

ああ、それを監視する機構がないからダメか。
プロ野球機構? まったく機能していないからね。
だいたいこんな大問題が起こっているのに、
すべての権限を持つコミッショナーがいつまで代行なんだ?

きっかけとしては小さいものだけど、
球界改革につながっていけばいいのにな、今回の事件。

よくまた、サッカー界を見習えと言う輩が出てくると
思うけれど、それはやめておいた方がいいよ。
サッカー協会は、公明正大によくないことをするから(笑)
人気重視、イベント主義、などなど…。

野球は野球なりの解決方法があるはず。
幸か不幸か考え直す機会が与えられた。
また忘れ去ることのないように。今度こそ。

|

« 北京五輪予選、その他の結果(第2節) | トップページ | 川崎フロンターレ×横浜FC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14286814

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養費、の問題:

« 北京五輪予選、その他の結果(第2節) | トップページ | 川崎フロンターレ×横浜FC »