« 日本×ペルー | トップページ | U22日本代表×U22シリア代表 »

2007/03/25

FC東京×大分トリニータ

ナビスコカップ、リーグ戦第2節。
朝方までの強い風も止み、雨も小降りになったので
味の素スタジアムまで出かけてきた。

前節のジュビロ戦で復調の兆しがちょっと感じられた
東京が、その流れを維持することができるか見たかった。
ワンチョペと福西のフィット具合は…。
なんて興味を抱いて、ちょっと寂しい(それでも1万1千人
を超えていた)味スタのバックスタンドに陣取った。

でも、目の前では大分の小気味よいサッカーが東京を
終始圧倒していた。


その言葉通り、大分のサッカーは細かいパスをつなぎ、
全員が勤勉に動き回り、次第に相手のDFに穴を開けていく。
個人の突破力や、一撃必殺のミドルシュート、機転のきいた
スルーパスなどはない。しかし少しずつ、着実に、ジャブは
相手を弱らせていき、ゴールに結びついていく。

大分のサッカーを観る機会があまりなかったので、
シャムスカマジックという言葉には抵抗があったけれど、
なるほどこういうことか、と、合点がいった。

大分という地方チームであるが故に、またやはり選手が
小粒であるがために目立ちはしないけれども、日本人に
合ったサッカーをしている。所属する外国人も、この戦術に
フィットしており、いい意味で目立たない。

逆に、東京はまだワンチョペと福西がチームから浮いている。
ワンチョペは明らかにボールをもらいたいところを他の選手に
理解されていないし、従来の東京のサッカーには異質である。
東京の戦術にワンチョペ独特の技術というスパイスが加わり
新しい攻撃が出来れば面白いが、まだ分離したままである。

福西にしてもそう。中盤の制圧力はさすがだし、東京の
戦術に合わせたプレーをやろうとはしている。しかしそれが
福西の100%の実力を発揮できるのかどうか、と言うと、
現時点ではそれは難しいと言わざるをえない。

最初は個人プレーの素晴らしさでスタジアムを沸かせていたが、
その次の段階、チームに適合しているのか、という疑問に
本人も、サポーターも気付き始めているかもしれない。
早期にこの問題を乗り切り、融合できるといいのだが…。

試合自体は半ば東京の自滅に近い形になった。
攻撃的な選手交代で同点を狙いに行ったが、試合中の守備
陣形変更に対応できるほど、チームは熟成していないようだ。
このへん、原監督がまだ完全に選手を把握しきれていない
のではないかとも思える。

近所にある魅力的なチーム。
早くあの面白いサッカーを見せてくれるように、なるといいが。

|

« 日本×ペルー | トップページ | U22日本代表×U22シリア代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14404456

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京×大分トリニータ:

« 日本×ペルー | トップページ | U22日本代表×U22シリア代表 »