« 油断大敵、香港戦 | トップページ | 五輪予選、その他の結果 »

2007/03/01

U22日本×U22香港

Vshongkong
寒い寒い冬の夜の国立競技場。
それでも1万人を超える人が集まった。
決して少ないとは思わないけど…、
一時的に異常だっただけでね。
あとはチケットの価格設定を…。

先発メンバーは事前に報じられていた通り。
しかし驚きと怒りを隠せないことがあった。

審判が中国人セットだったのだ!
香港は中国でしょ?
中国国歌を高らかに唄っていたでしょ?
おかしいでしょどう考えても。

てっきり韓国かタイの審判かと思っていたのに…。
これはAFCが決めたこと?
それをJFAは認めたの?そうだとしたら甘いよ。
今日の試合は明らかな実力差があったし、
判定に問題はなかったからいいようなものの、
ここ一番の試合でひとつの判定が大きく結果を
左右することさえあるんだからさ。

問題にならないのかなぁ…。


さて試合自体は、懸念した通り何がやりたいのか
わかりませんでした。
最低限の結果は残した、それだけ。収穫はなし。
あえて言うならば、3トップは機能しないってこと
がわかったくらい(監督がどう考えてるかは知らない)。

李の突破力とカレンの運動量と平山の高さを生かそうと
いうのが3トップの狙いだと思うけれど、そのための
犠牲になるものが大きすぎる。
結果として水野と本田の動きにフタをしてしまうこと
になり、ダイナミックな攻撃は出ずじまい。

敵は平山にボールが渡ればすぐに囲い込み仕事をさせず、
李には危険なところでボールを持たせなかった。
カレンは空いた中盤の守備に忙殺されることになった。

もうやめてね、3トップ。

やがて諦めたのか後半には李に代えて家長を投入。
そして4バックにでもするのかと思いきや、ポジション
はそのまま。状況は改善されず。
増田が入ることによってようやくダイナミズムが感じられる
攻撃ができたけれど、崩れたリズムが戻ることはなかった。

これだけ個人力に差がある相手ならば、もっと取れたはず。
初戦だから?いやもうこのメンバーで何試合やったよ?
いつまでもチームの柱が出来ず、選手とボールが動く
サッカーといっても、それぞれのベクトルが違う方向を
向いていたらただの慌しいサッカーだ。

守備面でも不安がある。バイタルエリアがすっぽり空き、
相手に決定力がなかったからよかったものの、ひとり
突破できる選手がいれば失点していただろうね。
相手が相手だからこれくらいでいいか、と適当に
守っている感じがした。組織的に守れていない。

いいところ…、う~ん。
別に僕は不満ばっかり言ってるキャラじゃないけど、
何がよかったのか見つけ出すのが難しい試合だった。

……思えば4年前のチームもこんなだったなぁ。
仕方ないのか、今の時期は……。

北京五輪サッカー アジア2次予選(第1戦)
U-22日本 3-0 U-22香港

得点者:平山相太(前半11分)梶山陽平(後半21分)
    増田誓志(後半38分)

GK:松井謙弥
DF:青山直晃 伊野波雅彦 水本裕貴
MF:本田圭佑 青山敏弘(84分→上田康太)
   梶山陽平 水野晃樹
FW:李忠成(45分→家長昭博)平山相太
   カレンロバート(66分→増田誓志)

|

« 油断大敵、香港戦 | トップページ | 五輪予選、その他の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14084595

この記事へのトラックバック一覧です: U22日本×U22香港:

« 油断大敵、香港戦 | トップページ | 五輪予選、その他の結果 »