« ACL第3節結果 | トップページ | 横浜FC×鹿島アントラーズ »

2007/04/12

CL Quarter-finals Second Reg

チャンピオンズリーグ準々決勝、第2戦。

思い通りの結果とか、予想だにしない結果とか、
今年もいろいろありました。

詳細は(続き)で。

大輔とイチローの対決を観ていたため、
PSV×リバプールはほとんど観てません…。


○マンチェスターユナイテッド×ローマ

予想通り、序盤であっさり決着が着いた。
今季、ユナイテッドの懐の深さは尋常じゃない。
ローマの攻めをしっかり受け止め、跳ね返したあとは
もう、ユナイテッドの思うがままの試合展開になった。

やはりファーストレグ、ひとり少ない状況で1点を返した、
あのルーニーの常人ではないゴール前の落ち着きが、
この組み合わせの優越を付けるポイントだった。

イタリアのチームらしくないガラスのハートを
持ち合わせたローマ。その攻撃力は魅力的だったけれど、
選手層の薄さ、総合力という点で及ばなかった。

思わぬ大差がついてしまったけれど、相手をリスペクトし、
最後まで全力で攻め続けたユナイテッドは素晴らしい。
手を抜く、とか遊んでしまう、なんてのは失礼だからね。

○バレンシア×チェルシー

この試合も予想通り、後半ロスタイムまで1-1の同点。
延長戦かと誰もが思っていたところ、空気を読まない男の
1発で勝負が決まった。

マイケル・エシアン。リヨンから移籍して2年目、この
ガーナ人MFは、今年のチェルシーを支えてきた男である。
怪我人が続出した時にはセンターバックに入り、戦術上の
理由からサイドバックもこなした。本来のポジションで
あるMFでは、衰えの見えるマケレレをカバーし、前線の
いまいちかみ合わないランパードとバラックをフォロー。

どのポジションに入っても、トップレベルのプレーができる。
こんな、たぶんオシム監督が日本代表にいちばん欲しい
タイプであろうエシアンは、怪我しているのに無理して
試合に出続け、ついには1ヵ月の療養を必要とする重傷を
負ってしまう。そして復帰戦がこのバレンシア戦となった。

試合に飢えていた男、勝利に飢えていた選手が、この日も
途中から入ったサイドバックの位置から攻め上がり、
思い切ったシュートで決勝点を奪い取った。

チームとしては、いつも通り。
今年のチェルシーを象徴するような、負けない、でも試合を
圧倒する雰囲気ではない、というじれったいものだった。
バレンシアはモリエンテスの復帰で攻撃の形は作れていたが、
後半途中から足が止まってしまった。
大きなプレッシャーを受けた試合をこなした数のぶんだけ、
チェルシーが強かった気がする。

○バイエルンミュンヘン×ACミラン

まるでセカンドレグに焦点を絞っていたかのようなミラン。
前節とはまるで別のチームのようにコンディションがいい
ように思えた。そして途切れない集中力で2点を奪い快勝。

久しぶりにイタリアチームの典型的な勝ち方を見た気がする。
相手にボールを持たせ、献身的な守備で隙を与えない。
そして攻めに転じたときはその個人の力を存分に発揮する。

対するバイエルンは、試合前の有利な状況が逆にプレッシャー
になっていたのか、その持ち味はまるで見られなかった。
今季の不調がそのままピッチに投影されていたような感じ。
魂のありかは最後までわからなかった。

○リバプール×PSV

PSVはノーチャンスだと思っていたので、
ダイジェストしか見てません。

**

準決勝の組み合わせは、
マンチェスターユナイテッド×ACミラン
チェルシー×リバプール

イングランド勢が3チームとなったけれど、トップチームの
コンディションが思わしくないスペイン、スキャンダルの影響
を引きずるイタリアのことを考えれば当然なのかもしれない。

チェルシーとユナイテッドは、それぞれ4冠、3冠の可能性
が残っており、試合日程がかなりタイト。
その点ではCL一本に照準を合わせられるミラン、リバプール
が有利かもしれない。

しかし怪我人を多く抱えながらも尋常ではない強さを誇る
ユナイテッドと、今季負けないサッカーができる勝負強い
チェルシーは簡単な相手ではない。

ユナイテッドとミランは久しぶりの対戦となるが、04-05
シーズンのR16ではミランが勝っている。この年、ミランは
決勝まで進んだが、そこでリバプールに敗れている。
チェルシーとリバプールの今季対戦成績は1勝1敗。
チェルシーは現在公式戦18戦連続無敗だが、最後に土を
着けてたのはリバプールであった。

もう、どこが優勝してもおかしくないね。
あ~、楽しみだ。

|

« ACL第3節結果 | トップページ | 横浜FC×鹿島アントラーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14653612

この記事へのトラックバック一覧です: CL Quarter-finals Second Reg:

« ACL第3節結果 | トップページ | 横浜FC×鹿島アントラーズ »