« 川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ | トップページ | ACL第4節結果 »

2007/04/27

チェルシー×リバプール

UEFAチャンピオンズリーグ、準決勝第1戦。
チェルシー×リバプール@スタンフォードブリッジ

チェルシーがホームで「らしい」サッカーをして先勝。
リバプールはなんだかエアポケットに入ったみたいだった。



リバプールは既にリーグ制覇の可能性はなくなり、
FAも敗退、チャンピオンズリーグだけに集中していた。
リーグ戦では主力を温存し、万全の体制。

逆にチェルシーは過密日程からの疲れでリーグ戦の
戦いにもキレが見られず、中盤のダイナモ、エシアンは
累積により出場停止、バラックは怪我で欠場と、
苦しい戦いが予想された。

しかしこれが試合では逆に出てしまうのが恐ろしいところ。

序盤、おそらく様子見から慎重なスタートを切った
リバプールは、そのままペースを上げることは出来ず。
集中力が欠けていたのか、凡ミスも目立った。
逆にチェルシーは相手の単調な攻撃に助けられ、
カウンターからチャンスを作り出す。

特に光ったのがドログバの強さ。
マークが厳しくてシュート場面こそ少なかったものの、
後方からのフィードにはほとんど競り勝ち、ジョーコール
やシェフチェンコ、ランパードがこぼれ球を拾いゴールを狙う。
唯一の得点となったシーンも、カットしたボールをリカルド
カルバーリョが中盤まで自ら運び、サイドを走るドログバに
渡す。ボールを受けたドログバは、すがり付くディフェンダー
を振り切り、中央の上がりが遅れているとみて切り返し、
飛び込んできたジョーコールに見事に合わせた。

ここには、チェルシーDFのリカルドカルバーリョに自由に
プレーをさせてしまった、リバプールMFの守備の甘さも
あるのだが…。

リバプールとしては、なぜ負けたのかわからないだろう。
試合を支配していたのは間違いなく自分たちで、
コンディションもよかったはずだ。
火の点いたリバプールは怖いけれど、きっちりと消火活動
をしていればさほど怖くはない、と思った試合だった。

その火を未然に食い止めたのはリカルドカルバーリョ、
マケレレ、ミケルという、豪華な顔ぶれが揃うチェルシーの
中では比較的地味な存在の男たち。

セカンドレグ、今季の勝負強いチェルシーを打ち破る
リバプールがはたして現れるのかどうか、楽しみだ。
1点失うことを恐れず、攻めに行けるかどうかがポイント。

|

« 川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ | トップページ | ACL第4節結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14858516

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー×リバプール:

« 川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ | トップページ | ACL第4節結果 »