« マンチェスターユナイテッド×ミラン | トップページ | チェルシー×リバプール »

2007/04/26

川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ

アジアチャンピオンズリーグ、グループステージ第4節。
川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ(韓国)を観に、
雨上がりの等々力競技場へ行ってきた。

先日の日記で、サポーターではないと宣言してしまった
けれど、こういう国を代表するような戦いでは、気合が入る。
絶対に勝つのだ! と青いマフラーを巻いて出陣。



勝負強くなった川崎、と何回か書いたけれど、
正にそれが証明されたような試合だった。

全南ドラゴンズ。
決して調子はいいように見えなかったが、選手個々が強い。
組織力としては川崎の方が数段上であったけれど、個人の
突破力、球際の強さ、強靭な当たりは普段のJリーグでは
見られないようなものだった。

何度、危険な地域でFKを与えてしまったことか…。
これも、個人の突破をファウルなしで止められなかったからだし。
全南に優秀なキッカーがいれば、と考えると怖い怖い…。

その個々の強さに、川崎は全体的な意思統一、チームワーク
の良さで対抗する。そして少ないチャンスをものにする。
献身的で積極的な守備、構えて守るのではなく、守備側から
アクションを起こして相手を追い込む、ボールを奪う。

特に、未知数だった相手のサイドの選手を、村上と森が
よく抑えていた。谷口のカバーも的確で、余り気味だった
寺田のポジショニングは完璧に近かった。
最初は目立った、不慣れなボールを使うことによるミスも
今日は全然見られなかった。

こうなると、自慢のサイド攻撃が出来ないので寂しいけれど、
この短期決戦、内容より結果、ですよ。

結果は3-0の勝利だったけれど、前半に上げた1点を頑張って
守り続けていたからこそ、相手の足が止まりかけた終盤に
立て続けに追加点が奪えた。
無理に追加点を奪いに行くのではなく、じっくりと待ちチャンスを
伺う、90分を有効に使えた戦い方だったと思う。

3点という数字に目が行きがちだけど、今日は守備の勝利。

これでグループのライバルと見られていた全南に2勝し、
きっちりと引導を渡すことができた。
次は、バンコクUに勝ったインドネシアのアレママランに
ホームで引き分け以上の結果を残し、1位通過を決めたい。

細かい計算はしていないけど、負けでも通過が決まる場合
がある。でもそんなの気持ち悪いし、グループリーグ最終節
のアウエー、タイでは何があるかわからないからね!

|

« マンチェスターユナイテッド×ミラン | トップページ | チェルシー×リバプール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14849702

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×全南ドラゴンズ:

« マンチェスターユナイテッド×ミラン | トップページ | チェルシー×リバプール »