« CL Semi-finals Second Reg | トップページ | 川崎フロンターレ×アレママラン »

2007/05/06

横浜Fマリノス×川崎フロンターレ

もう明日には次の試合があるので、
忘れないうちに書いておこう。

前節、日産スタジアムで行われた
横浜Fマリノス×川崎フロンターレ。


しばらくぶりに観たマリノスは、まるで何かが
吹っ切れたかのような戦いぶり。
シーズン開始当初に酷評したメンバーは姿を消し、
若手が惜しげもなく才能を見せ、尽きることのない
運動量を誇っていた。

そう、去年だか一昨年だかの、三ツ沢のACLを戦う
主力抜きのチームを思い出した。
マリノスの若者はいい素材ばかりなんだよな。
それがトップではなぜか潰れてしまうんだが。。。

この問題が解決されたとき、マリノスはまた強豪と
呼ばれることになるんだろうな。

対する川崎はベストには程遠い状態。
我那覇は引き続き出場自粛で、中村も首の怪我が
長引いて欠場。4月はなんとか持ったものの、
そろそろ他の主力にも疲れが感じられるところ。

疲れというのは、蹴る、走るという部分にはあまり
表れない。コンディション調整さえしっかりやれば。
最も疲れの悪影響が出るのは、実は集中力。
走り負けることはなくとも、一瞬の隙が出来てしまう。
体は一晩休めれば回復するけれど、精神力ってのは
あいまいなぶん、調整も難しい。

その隙を突いてマリノスが先制。
箕輪と川島のコンビネーションミスだったが、直接の
要因はヘディングでのバックパスに移るまえのプレー。
川崎のDF陣は、危険な地域で大きなバウンドの
ルーズボールを作り出してしまった。

しっかり集中していれば、バウンドさせる前に箕輪は
ボールに行っていただろうし、伊藤はカバーに入って
いたはず。少しお見合いしてしまった感もあった。
2人はバックパスよりもボールを大きく弾ませてしまった
このプレーを悔いているに違いない。

その後、川崎は集中力を再び取り戻したが、
圧倒的な中盤のプレッシャーを受け続け、
最後の最後でなんとか凌ぐ状態が続いた。
ここまで押し込まれる展開は今季初だったと思う。

その意味で、0-3、0-4でもおかしくなかった試合を、
なんとか耐え続け、追加点を山瀬のFK一本に抑え、
意地のカウンターで1点を返せたのは、今季の川崎の
成長が見て取れる気がする。

最後まで諦めずに戦い続けた。
この試合は、それだけで満足。マリノスが凄すぎた。

|

« CL Semi-finals Second Reg | トップページ | 川崎フロンターレ×アレママラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/14968279

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ:

« CL Semi-finals Second Reg | トップページ | 川崎フロンターレ×アレママラン »