« 女子日本代表×韓国代表 | トップページ | 業務連絡? »

2007/06/06

日本代表×コロンビア代表

キリンカップ、日本代表×コロンビア代表。
スコアレスドローで日本が優勝を決めた。

お互いに相手の長所を消しあう、よくある
タイトルのかかった凡戦だったけれど…。

いいのか悪いのか、よくわからなかった。
でも色んなことを確認できたことは確かで、
アジアカップに向けて格好のデータを
集めることができた試合だったと思う。

先発には海外組の4人が名を連ねたけれど、
4人を使うにはこの布陣しか考えられないというもの。

稲本がいるからとこのチームから鈴木を外すのは危険
極まりないし、遠藤と憲剛はアジアカップを考えて
更にコンビネーションを深めておきたい。
とすると、削るのはフォワード。前は高原の
ワントップにして俊輔を前線で自由に動かせた。

オシムが考える、チームにひとりのエレガントな
プレーヤーが俊輔だったのだろう。
でも実際は、コロンビアの警戒心が強くてろくにボールに
触れなかった。守備には奔走していたけれど、
高原まで下がってきちゃうもんだから、前線でボールの
収まりが非常に悪かった。

モンテネグロ戦で効果的だったサイド攻撃も、
コロンビアの中盤の圧力に対して威力を失っていた。
前半は、何も出来ず、かといって何もさせず。
阿部の献身的なディフェンスだけが目立った。

ただ、この危険な布陣で、稲本を鈴木と憲剛の前に
置くという(頭の固い僕には)信じられない形で、
コロンビアと互角に渡り合えたというのは収穫かも
しれない。それほど、守る、ということに関しては
成熟してきているというのか。

後半、試合が動き出す。
稲本に代わって羽生が、中田に代わって今野が、
その豊富な運動量で前線を、サイドをかき回す。
呼応するように、遠藤や憲剛のパス回しも早くなる。

でも決定的なチャンスはシュートミスで潰し、
得点をあげることは出来なかった。


試合が始まって数分後、こんなことを考えた。

オシムは、海外組を全員ピッチに送り込み、
機能しないことを見せ付け、後半に勝負するのでは
なかろうか、と。

案の定、そのうち2人は後半開始にベンチに下がった。

でも、巻の投入には長時間待ったあげく、一度取り消し。
高原と俊輔を下げたのは、試合の終盤、後は運動量で
疲れの見えるコロンビアを上回るしかないと誰もが
考えたあとだった。

オシムはきっと海外組に期待している。
経験や技術、強さは間違いなくあるはずだし。
でもフィットさせるには時間が必要なことは確か。
その時間をちょうだいよ、という催促なのかもしれない。

|

« 女子日本代表×韓国代表 | トップページ | 業務連絡? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/15329683

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表×コロンビア代表:

« 女子日本代表×韓国代表 | トップページ | 業務連絡? »