« ああ、しばらく書かないうちに | トップページ | 女子日本代表×韓国代表 »

2007/06/01

日本代表×モンテネグロ代表

経費節約のため、自宅観戦。
キリンカップ、日本×モンテネグロ@エコパ。

憲剛、怒られてたなぁ(笑)


オシム監督が怒るのは期待していることの裏返しで、
本人があまり気にしないといいのだが…。
本当に怒ったとしたら、その場で交代させられるからね。

おそらくオシムは、本番であのミドルシュートには怒らない。
今はチームを作っている段階なので、より戦術に沿った
戦い方をしろ、と。

でも本番では、遠藤と憲剛が同時にピッチに立つことは
ないんだろうけど。

セルビア・モンテネグロから独立したモンテネグロ。
FIFAに加入したのも先日のこと。
どんなチームかは未知数だったけれど、セルビア・
モンテネグロの流れを汲んだサッカーだとすれば、
守りが堅く、なおかつ若手に優秀な選手が多いはず。

しかし、まだチームを立ち上げて数ヵ月、遠い日本
まで来て、実力を発揮するまではいかなかったようだ。
ドイツW杯でのセルビア・モンテネグロの惨敗により、
いったんすべて解体、どんなサッカーをするのかを
模索している段階なのかもしれない。

が、先発メンバーの体躯を見れば、概ねどんな戦術を
取ってくるのかは判断できる。高さを生かしてしっかり
守り、前線1トップに当ててカウンターを狙う。
でもあんまりスピードがなく、日本に脅威を与えるには
至ってなかった。

後半、疲れから日本の中盤が間延びして、交代で
入った7番が生きてきたけど、中澤が一度よーいドン
で負けた以外は、坪井がうまくカバーしていた。
もうひとりスピードのある選手がいたら、ちょっと試合の
結果は違ったものになっていたかも。

日本が奪った得点は2点とも、大きい相手にはこう
体を使えば競り勝てる、というお手本になるようなもの。
事前にしっかりチェックしていたのかな(笑)

中澤のヘッドへのアシストとなった遠藤のクロスは
山なりのボールで、高原のゴールにつながった駒野
のセンタリングは低い弾道を描いたものだった。
ちょうどいい高さのクロスでは、背の高い相手に
競り勝つのは難しい。山なりのボールで位置取りで
勝負するか、低いボールに飛び込むか。
それにしても高原のゴールにつながったエックス攻撃
は見事だったね。

体の大きい、フィジカルの強い相手に90分間戦い
続ける、という点については、まだ課題が残った。
W杯オーストラリア戦のときに問題になったこと。
どうしても疲れる、体の大きな相手とやるとね。
今の憲剛と遠藤では、やはり体力勝負はキツイ。
啓太でさえしんどそうだったしなぁ。

中田や稲本は、この1年で更に強くなっているだろうか。
2人ともドイツでは不完全燃焼だったからね。
この2人が加わった日本代表を見てみたい。

ちょっと迷っているけど、やっぱり埼スタ行こうかなぁ。。。

|

« ああ、しばらく書かないうちに | トップページ | 女子日本代表×韓国代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/15281422

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表×モンテネグロ代表:

« ああ、しばらく書かないうちに | トップページ | 女子日本代表×韓国代表 »