« 川崎フロンターレ×柏レイソル | トップページ | アジアカップ、登録メンバー »

2007/06/18

FC東京×浦和レッズ

A3参戦で疲労が蓄積しているはずの浦和レッズ。
その3戦目を見た(ダイジェストだけど)限りでは、
FC東京が清水戦でやったようなサッカーをすれば
勝機は十分にある、と思ってた。

でも、そこには想像以上の壁があったのだ。

個々の実力差はもちろんあるけど、美しさという面では
まったく魅力のないサッカーで勝ってしまう強さ。
やはり昨年のチャンピオンチームには地力がある。

東京の立ち上がりはさほど悪いものではなかった。
お互いにメンバーを入れ替えて臨んだこの試合、
序盤はどこかぎこちないプレーが続いていた。
そこで東京が先制点を入れていれば、あるいは
決定的なチャンスを作れていれば、その後の展開は
まったく違ったものになっていたと思う。

浦和がそれを許さなかったのは、シンプルな守り。
そしてシンプルな攻撃。

前線からプレッシャーをかけ、中盤でボール奪い
一気にサイドから前線に運ぶ東京の攻撃。
それに対し、浦和は後方からのロングフィードで対応。
ボールの奪いどころを後方に下げられてしまった東京は、
ワシントンと田中達のケアに心を砕くことになる。

そう、相手の狙いを素通りさせることによって、
浦和は効果的な守備、攻撃を組み立てることができた。
パスサッカー、つなぎを重視するJリーグのなかで、
簡単な攻撃を迷うことなく選択できる浦和は強い。
おまけに個々のパーツの性能は高いのだし。

東京はよく守ったと思う。センターバックが本職ではない
今野と藤山の集中力は今季一番だったと思う。
しかし、GKの弾いたボールが相手正面に飛ぶ不運、
(ワシントンにシュートコースを開けてしまったミスはあるけど)
攻勢に出ていた時間帯に決められず、エアポケットの状態
で迎えた敵CKでやってしまったOG。
決して圧倒的にやられてしまったわけじゃない。

こういうのを勝負強さというのかな。
ACLでギリギリの戦いをし、A3で勝負の厳しさを思い
知らされた浦和。よけいに逞しくなってきているのかも。

ただ、次節水曜日の対戦相手はラッキーかもしれない。
闘莉王はケガで途中交代、田中達はまだ中2日で
戦えるコンディションではないと思うし。
まあ、代わりに出てくる選手のレベルも高いけど…。

東京は、この負けにもめげず、自分たちのサッカーを
信じてやれるかどうか。決して悪い状態ではないと思う。
しっかり切り替えができれば心配ない。
次の甲府は、中盤あるからね(笑)

|

« 川崎フロンターレ×柏レイソル | トップページ | アジアカップ、登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/15472903

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京×浦和レッズ:

« 川崎フロンターレ×柏レイソル | トップページ | アジアカップ、登録メンバー »