« 日本×カタール(アジアカップ) | トップページ | 韓国×サウジアラビアなど(アジアカップ) »

2007/07/12

マレーシア×中国など(アジアカップ)

BSでは全試合、録画放送してくれるらしい。

今日観たのはマレーシア×中国、そして
インドネシア×バーレーン。

タイがイラクと引き分け、ベトナムは歴史的初勝利。
開催前に心配されていた4カ国の動向。
各グループの最弱国と思いきや、地元旋風を起こしている。
その流れが今日も続くのだろうか。

中国はW杯ではその実力を発揮できないけれど、
前回地元開催での準優勝国だ。
有能なタレントはプレミアリーグで活躍しているし、
優勝候補に上がらないのが不思議なくらい。

その中国は、マレーシア戦で圧倒的な力を見せる。
中央でのフィジカルの強さを存分に発揮するため、
サイドからどんどんボールを放り込む。
マレーシアのDF陣はまともに競っては勝てないため、
前に前に飛び込む。そして裏はガラ空き。

この大会、初めて実力国がその通りの結果を残した。
マレーシアの反撃、1点は見事なものだったけれど、
体力的にも中国は最後までまったく落ちず。
上位国との戦い方を学べば、中国がまたファイナル
まで出てきてもおかしくはない。

インドネシア×バーレーン。
これまで観た試合の中で、いちばん面白かった。

バーレーン得意のカウンター戦術に、細かいパス回し
で対抗するインドネシア。
これまで比較的閑散とした競技場での試合が続いて
いたけれど、インドネシア、ジャカルタのスタジアムには
大勢の観客が詰めかけ、独特のニャー声で声援を送る。
Jリーグの試合みたいに、チャントも歌う。

そしてインドネシア代表には、ACLで浦和と川崎が
戦ったペルシク、アレママランの選手もいた。
あのアウエーでの戦いの熱狂を思い出した。
得点時にはスタジアム揺れてたもんな。

その圧倒的な声援を受け、インドネシアがなんと
バーレーンを撃破。3強1弱と予想されていたグループD
に旋風を巻き起こしそうな雰囲気でもある。

だいたい、大会で1勝できればいい、勝ち点1つでも
取れればいいと考えて準備するチームは、初戦に
コンディションを合わせ、最初から全力で戦う。
そして2戦、3戦とカード累積や怪我でしだいに勢いを
失っていくのが常であったりする。

でも、ここまで観た限りでは、この先も開催4カ国は
グループを混乱に陥れそうな雰囲気だ。
ホームであること、湿気、雨が大きな味方。
スタジアムも、大会の盛り上がりと共に観客が増えるだろう。

3戦目、勝たなければいけない状況で開催国と
戦う国は大変だろうな。。。

日本。。。次はしっかりね!

|

« 日本×カタール(アジアカップ) | トップページ | 韓国×サウジアラビアなど(アジアカップ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/15731035

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア×中国など(アジアカップ):

« 日本×カタール(アジアカップ) | トップページ | 韓国×サウジアラビアなど(アジアカップ) »