« アジアカップ、ベスト8 | トップページ | アジア最高の舞台へ »

2007/07/22

日本×オーストラリア(アジアカップ)

1年前のリベンジ。

アジアでは負けるわけにはいかない相手。
高温多湿の恐ろしさを思い知らせてやる!

と気合いが入っていたけれど、
試合は思わぬ展開になってしまった。


前半、まあ予想通りの展開。
オーストラリアが意外と早い時間に仕掛けてきたのは
驚いたけれど、それも数分間のこと。
やはり体力が持たないのか、すぐに主導権は日本に。

びっくりしたのは、後半に入ってからビドゥカをベンチに
下げた采配。中澤が完全に抑えてはいたけれど、
終盤のパワープレーになくてはならない存在だったから、
日本の選手たちもびっくりしたかもしれない。

案の定、マークがはっきりしないうちにCKから失点。
ビドゥカがいない場合の守り方は考えていなかったのかも
しれない。もしそれを狙ったとしたら、豪の監督は優れもの。

でも、たぶん偶然の産物。

その後すぐに同点に追いつき、再び試合を支配した日本。
中村憲剛の運動量、中澤と阿部の安定感、鈴木啓太の
的確な位置取り。

それがあって、中村俊輔と遠藤が自由に動き回る。
動きすぎたから最後のところは精度を欠いていたけれど、
もし涼しいところでこのフォーメーションを見たら
さぞかし楽しいサッカーが見れたはず。

しかしもうひとつの計算外が起こる。

相手選手の退場。これでオーストラリアのやることは
はっきりとした。守り切る。これだけ。
キューエルひとりでは点は取れない。
この相手を崩すだけの成熟度はまだ日本になかった。

豪のGKが当たりまくりってのもあったけれど、
最後、フィニッシュのところでどうしても精度を欠く。
思い切ったチャレンジがまだできない。
これから先、ポイントとなるのがやっぱり決定力。

それにしても、今日の中澤の集中力はすごかった。
さすが前回アジアチャンピオンの功労者。
川口のPKセーブもすごかったけれど、真ん中で中澤が
最後まで集中を切らさなかったことが阿部に伝わり、
それがまたPK戦での川口に伝播したんだと思う。

あの当たってる豪GK相手にPKはやばいと思ったけどね。
1本目に止めたのがすべてだった。
駒野が決めた3本目で勝負は決まった。
高原には余裕を持たせ過ぎて外してしまったけど…。

それにしても、この暑い中で、日本の運動量はすごい。
憲剛はたぶん、最後もうダメだというまで走った。
意識朦朧としたところをオシムが察知して交代させた
のだと思う。交代直前のボールタッチは明らかに
おかしかったもの。。。そこまで走れる選手は偉い。

俊輔も走ってたし、遠藤もよく動いた。
でもこの2人は、動くことで個人の力が半減してしまう
のがちょっとじれったいところ。
これから先、2人のFKとかミドルとか、絶対に必要に
なってくるから。。。次こそは。

MOMは中澤ですな。
あれでPKも上手いんだから。

1年前のリベンジ、とまでは行かなかったけど、
アジアでは簡単に勝たせませんぜ、と意地は見せられた。
完全決着は次に、って感じかな。

|

« アジアカップ、ベスト8 | トップページ | アジア最高の舞台へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/15839144

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×オーストラリア(アジアカップ):

« アジアカップ、ベスト8 | トップページ | アジア最高の舞台へ »