« 日本×ナイジェリア(Wユース) | トップページ | マレーシア×中国など(アジアカップ) »

2007/07/10

日本×カタール(アジアカップ)

セバスチャン、離脱じゃなかったのか!(笑)
日刊スポーツより
まあ、当然のように出てくると思っていたけどね。

現地は暑かったのかな。
テレビ情報では気温36℃やら37℃。
でも夕暮れが早く(曇っていた?)、画面上からは
それほどの暑さは感じられなかった。

去年のカイザースラウテルンも、テレビからは
そんなに暑さが感じられなかったそうな。。。
オシム監督の顔を見る限り、
今日のベトナム、ハノイはかなり暑そうだった。

そしてその暑さ、コンディションの厳しさは、
試合開始数分の選手の動きから見てとれた。
全然ボールを追ってこないカタール。
人は動かずにボールだけを動かす日本。

90分間の体力温存を考えた立ち上がりのように思えた。

結果論だけど、ここで先を制して人数をかけ攻撃し、
早い時間で点を奪うことができれば、後の反撃にも
余裕を持って対処できたのかもしれない。
初戦にそんなリスクは負えないけれどね。

後半の先制点。ちょっと遅かったけれど、
憲剛の微妙なタメ(あえてこう言う)から出されたボールに
今野が反応し、高原が体の芯の強さを発揮する。
点を取るのはこんなに簡単なんだよ、と思わせるような…。

でも後が続かない。
この1点だけで終盤を迎えてしまったのが
勝ち点マイナス2の大きな要因。

そして主審のジャッジが不安定なのは、
開幕戦(タイ×イラク)のPK判定を見れば予想は
できたこと。あそこはセーフティに先にボールに触るべき。

あと川口。FKを与えてはいけない、ではなく、どんなボール
でも止めてやるってのが彼の信条だったはず。
最近Jリーグでも立て続けにFKを決められており、
壁の立たせ方(もちろん立ち方も)に問題があったのだろう。

などなど、細かい要因を数えればキリがないけど、
オシムの選手交代による戦術のメッセージが、ピッチに
残っていた選手に伝わっていない(と思われる)ことが心配。
W杯と同じ轍を踏むことになったのか?

憲剛を下げて橋本を入れたとき、
プレスラインを上げてきたカタールへの応対が
明らかに後手後手になっていた。

簡単にはじき返すのか(セカンドボールを取りにいく意欲は
あまり感じられなかったけど)、いったん橋本なり鈴木なりに
当てて処理するのか、不明確なまま時間が過ぎていった。
それまでほとんどのボールが憲剛を経由していただけに、
戸惑ってしまったのだろうか。

どんなメッセージが交代に含められていたのだろう。
わからないや。

前線から追い回すなら遠藤か俊輔を下げて巻やら寿人。
でも最後の交代枠は使わなかった。。。

うーん、やっぱりわからない。

心配ついでにもうひとつ。
試合が終わって選手コメントが出てきたりして、
なんだか自分のチームなのに、人ごとみたいに話す選手がいる。
一度そう思うと、全員のコメントがそう思えてくる。
大人だからか?経験豊富だとそういうことになるのか?

果たしてこのチーム、3年前のようにまとまるのだろうか…。
3連覇を目指す強豪国は、これくらいでガタつきません。
うん、たぶん。。。きっと(お願い)

|

« 日本×ナイジェリア(Wユース) | トップページ | マレーシア×中国など(アジアカップ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/15710885

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×カタール(アジアカップ):

« 日本×ナイジェリア(Wユース) | トップページ | マレーシア×中国など(アジアカップ) »