« U22サウジアラビア代表×U22日本代表 | トップページ | 女子W杯、日本×アルゼンチン »

2007/09/13

サッカー日本代表三種盛

昨晩の女子W杯、対イングランド戦。
深夜のA代表、対スイス戦。
そして今日の五輪代表、対カタール戦。

さすがにスイス戦は、翌朝から仕事があったので
ビデオに録画。まだ観ていないけれど、
女子W杯は生中継で観たし、
今日は国立でカタール戦を観てきました。

明日も朝から所用があるので、
ちょっとだけ感想を書き残してみる。

(続き)へどうぞ。



女子代表。
観ていてちょっとせつなく、
いつもはたくましいと思わせてくれるなでしこ達が、
イングランドのガタイのいい選手たちに歯が立たず。
それでも果敢に向かっては行ったのだが…。

たぶん、何人かの選手は、最後あきらめていた。
そのあきらめは、もういいや、ではなく、
どうあがいても抵抗できないという類の。

でも最後まで闘う姿勢を失わなかった選手もいた。
そのひとりが最後に同点ゴールを決める。
試合後のコメント「勝ち試合だったのに…」
やっぱりたくましいじゃないか(笑)

反面、試合終了後に涙を見せた澤。
らしくないプレーが多かったのは事実だけれど、
あれだけマークされていたら仕方ない。
安堵感からなのか、悔しさなのか…。

大舞台、W杯で世代交代の瞬間が訪れるかもね。
まだまだベテランにも頑張ってもらわなきゃいかんけど。
来年は五輪もあるし。

その五輪、男子の部、カタール戦。
こないだまで、反町やめろだの書いていたけど、
もういいや。

ピッチに立って戦うのは選手だから。
今日はそれを思い知らされた。

采配はひどいもんだったよ、やっぱり反町くん。
先発はサウジ戦からひとりしか入れ替えないし、
本田拓が退場してからの交代策のおかしさ。
数的不利とはいえ、水野を下げて小林を
本田拓の代役に置くだけってのはないだろ。
おかげでボールの支配権を完全に奪われた。
後ろのほうでボールを取っても回せない
選手がうじゃうじゃいるんだもの。

最後だって、前線でプレスをかけてほしい時間帯、
あそこまで森島を引っ張る必要があったのか?
さっさと李を入れてフレッシュな力を前線に
入れるべきだったろ? 固まってたのか?

…なんて、監督に言うのはこれでやめにします。

ピッチに立っている選手が、馴れないポジションでも、
不思議な采配でも、懸命にボールを追って、体を張って
ゴールを許さずに勝ち点3を得たから。
監督はどんなんであれ、戦うのは選手だから。
それを見せてくれたから。

協会も、不人気だとかチケット売れないとか不要な
ことは発信しないでくださいね。
そんなことにエネルギー使うよりも、チケット半額に
したら倍は入るって。
選手のことを考えて、選手のために動いてください。

僕たちも選手を信じて、応援していくから。

|

« U22サウジアラビア代表×U22日本代表 | トップページ | 女子W杯、日本×アルゼンチン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/16431272

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表三種盛:

« U22サウジアラビア代表×U22日本代表 | トップページ | 女子W杯、日本×アルゼンチン »