« 女子W杯、日本×アルゼンチン | トップページ | 女子W杯、日本×ドイツ »

2007/09/16

川崎フロンターレ×大分トリニータ

フロンターレのこと書くの久し振りな気がする…。
ホームゲームは必ず観に行ってるんだけど。

最近、いいゲームをしながらも勝ち点が取れない、
順位もじりじりと下げているフロンターレだけど、
この中断前まではなんとなく納得はしていた。

強豪でもないのに相手チームに徹底的に研究され
自由にサッカーをさせてもらえない、序盤はいい形を
作りながらも最後にブロックされてしまう見慣れた展開。

でも浦和戦とかガンバ戦とか、相手が強い時ほど、
おそらく相手が自分たちのスタイルを変えずに戦って
きたときは、ガチの勝負で勝っていた。
それはそれは、楽しい瞬間を味あわせてもらってきた。

だから、結果的に負けようと引き分けようと、
納得できる部分があったわけさ。
そんな勝ち続ける戦力がないのはわかってるし。

しかし、今日の試合はまったく納得できない…。



おそらく、ミッドウイークのACL、そしてナビスコへの
調整を兼ねる試合と考えていたのかもしれない。監督は。
そりゃホームでやる試合、勝ちに行ってないとは思わない。
でも、絶対にこの一番に勝ってやるという意気が、
僕には感じられなかった。

選手起用、選手交代、個々の選手の動き、モチベーション。
フランシスマールが初のスタメン。
それはそれで喜ばしいことだ。待ちに待った復活。
でも明らかにコンディションや連携が不足していたのは事実。

この試合に勝つということを大前提とすれば、早めの交代も
あり得たはず。少なくとも勇介を下げてフランシスマールを
残すということは、これまでの采配を考えればなかったこと。
明らかに運動量も、モチベーションも下がってしまった選手を
ピッチに残すほど甘い監督ではなかったはずだ。

穿った見方かもしれないけれど、フランシスマールに早く
馴染んでほしい、1分でも長くピッチに立たせたい、と
考えていたように思う。おそらくナビスコへの布石。
他のチームに、彼のデータはない。

でもまあ、あまり怒る気になれないのは、最後まで試合を
捨てていなかった選手がいたこと。
ロスタイムに浴びた大分の勝ち越しゴール。
ベンチ前で喜びを爆発させる大分の選手を尻目に、
いち早くGKの川島にボールを要求した憲剛。
そしてピッチに入ってすぐにゴールを許してしまった井川。
試合に出たくて仕方なかった大橋。

そんな選手の気持ちが、最後のCKからの同点弾に結びついた。
そしてまた少ない時間で逆転を狙おうとする選手。
1人でも、そんな選手がいると、救われる。
一番疲れているはずの選手が、一番最後まで走っていた。
ヘロヘロでミスパスしようが、気持ちはずっと前を見ていた。

この気持ちがチーム全体に伝わったとき、
ACLやナビスコでも、次に進めるんだと思う。
できれば、もっと早い時間にね(笑)

|

« 女子W杯、日本×アルゼンチン | トップページ | 女子W杯、日本×ドイツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/16461544

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×大分トリニータ:

« 女子W杯、日本×アルゼンチン | トップページ | 女子W杯、日本×ドイツ »