« オーストリア×日本 | トップページ | サッカー日本代表三種盛 »

2007/09/09

U22サウジアラビア代表×U22日本代表

前半終了。

先発メンバーをサイトで確認したとき目を疑ったね。
何をしたいのか? ここにきて新しい組み合わせか?
5バックで守り切る作戦か? 真ん中は放棄するのか?
どこでボールを取るのか、誰がタメを作るのか。
この暑いなか、ストロングポイントとなるべきサイドは
走り続けられるのか…。

これらの不安がそのまま出た前半でしたね。
サイドを突破したはいいけど真ん中に選手がいない。
相手ボールになったあとほぼ5バック状態になって
最終ラインでボールを奪っても早い展開ができない。
水野や家長のいい部分を、自分たちの戦術で消している。
守備負担が増える本田拓がイエローもらってしまった。

さて、後半、どう修正するんでしょうか。
本田圭を下げて家長を左サイドに回し、柏木なんか
入れたら面白そうなんだけど。相手のDF甘いからね。

とにかく、サウジたいしたことないので、絶対に勝ちたい。
ホームでこの程度。後半はおそらくリスクを冒してくる。
チャンスは生まれるはず。
反対側の試合、ベトナムとカタールが引き分けたので、
ここでサウジを叩いておけば、今後すごく楽になる。

試合終了。

反町監督、さようなら。
替えてください。
お願いします。

詳細は(続き)に。


相変わらず、最低限の結果しか出せないチームだ。

今日はライバルと目していたサウジを蹴落とす
絶好のチャンスだったのに、同グループのもう1試合の
結果も日本に追い風だったのに、みすみす逃してしまった。

おまけにサウジのコンディションもよくなかった。
そして退場者まで出してくれた。

なのに、試合を決めることができなかった。
選手が消極的で、ミスばっかりして、ならば叱咤激励すればいい。
でも今日の結果は明らかに采配ミス。

前半終了時にも書いたけど、先発の意味がわからないし、
交代策にも疑問がいっぱい。

後半開始から柏木投入。下がったのは水野。
水野は本来のポジションではなく、窮屈なプレーを強いられていた。
確かに機能していなかったけど、これは水野のせいじゃない。

そして梶山に代えて青山投入。後半30分過ぎ。
この交代は悪くないけれど、遅すぎ。
梶山はコンディション悪そうだったし、前半も精彩を欠いていた。
だから相手選手がひとり退場したらすぐに投入すべきだった。
サウジが選手交代で建て直す時間を与えてしまった。

最後の平山の交代。
平山を入れるなとは言わない。
でも、それまでひとり頑張っていた森島を下げることはない。
あと数分、相手はひとり少ない。パワープレーに行くべきだった。
家長や本田圭、内田を下げても前線の選手を増やせば…。
それまで押せ押せだったテンポが明らかに変わってしまった。

この時間帯でFW同士の交代。
引き分けでいいんだな、と。

これまでの戦いとは違い、選手たちは厳しいアウエーの地で
よく頑張っていた。
でもいかんせん、馴れないポジション、やったことない陣形。
疲れは倍増していたことだろう。
でも最後まで運動量で負けなかった。

代えるべきは、監督。
もう、すぐ、カタール戦なんだよ。
ここで負けたら、なんて言ってたら遅いんだよ。
手遅れになる前に。


|

« オーストリア×日本 | トップページ | サッカー日本代表三種盛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/16388507

この記事へのトラックバック一覧です: U22サウジアラビア代表×U22日本代表:

« オーストリア×日本 | トップページ | サッカー日本代表三種盛 »