« ひとつになった瞬間 | トップページ | U22カタール代表×U22日本代表 »

2007/10/17

日本×エジプト

やっぱりサッカーは現地で観なきゃいかん。

テレビだと、(以下よく見えていないので想像)
前田の前線での守備、スペースメイクとか、
山岸のどこにでも顔を出す豊富な運動量とか、
ボールを持ったときのエジプトの切り替えの速さとか、
ニュースのダイジェストじゃわからない重要な部分を
なかなか感じることができないもんね。

みなさん、スタジアムに行きましょう。
近所でやってたら、ね。遠くに行く必要はないから。

試合内容は(続き)へ



このエジプト戦。
前半と後半はまったく別物になっちゃった。
その要因は体力、コンディション。
そしておそらく芝の問題。結構砂が多かったよね。
あれ、足腰にくるんだ、疲れたときに。

前半の日本は素晴らしかった。
豊富な運動量とスピードで攻撃を作り、
守備の際には必ず相手のボールホルダーに
2人でプレッシャーをかける。

前半の2得点はあったけど、集中した守備の勝利。
エジプトも日本に負けないパス回しでチャンスを
作っていたけれど、フィニッシュの仕事をする選手が
来日していなかったのか、決定的なチャンスに至らず。
考えさせる前に日本のDFが詰めてくるから、
やりにくかったろうな。
その網をかいくぐってたまに見せるスピーディな組み立て
はさすがだった。フルメンバーなら対抗できないかもしれない。

でも後半は日本の選手の運動量が極端に落ち、
一気に3人を交代せざるを得なくなった。
中盤の主導権はエジプトだったから。
でもそれも機能せず。ちょっと落ち着かない試合となった。
交代選手の戦術理解度アップが来年の課題かな。

憲剛、大きくなったなぁ(笑)
遠藤と啓太が下がったあとは、ひとりで中盤を仕切って
いたもの…。川崎に入団したて、ひょろひょろの憲剛を知る
僕にとっては、感慨しきり。素直にうれしーよ。

それにしても入るときは入るもんだ、大久保嘉人。
これまで何度も何度もチャンスを外し続け、
やっと入ったと思ったらオフサイドだったり…。
あんな適当に打った(いや本人は狙っていたと思うけど)
1発がきっかけになって今日は2ゴール。

面白いもんだな、サッカーって。

最後の試合を勝利で締めくくったA代表。
でも今日の本当の勝負、日本サッカー界が注目しなければ
いけないのは、深夜の五輪予選です。

勝てば楽になる。ほぼ決まり。
引き分けでもオッケー。
負けたら終わり、じゃないけど最少得失点差で。

さーて、がんばってくれー。

|

« ひとつになった瞬間 | トップページ | U22カタール代表×U22日本代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/16789947

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×エジプト:

« ひとつになった瞬間 | トップページ | U22カタール代表×U22日本代表 »