« Nagoya Night | トップページ | 2008年だぜ、KY »

2007/12/30

川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ

天皇杯準決勝、国立競技場。
Kokuritsu

何というかねぇ、
タイトルホルダーは安易に増やしちゃいかん、
というサッカー界の格言めいた言葉が
頭の中でぐるぐるするような試合だったですよ。

内容としては、熱くて激しくていい試合だった。
鹿島はリーグチャンピオンらしく川崎の攻撃を
堂々と受けて立っていたし、川崎はその壁を
打ち破るべく挑んでいった。

今季ベストとは言わないけど、それに近い濃密な90分。

鹿島GK曽ヶ端が当たっていたというのもあるけど、
試合を決めたのはGKじゃない。
川崎の誰が悪かったってわけでもない。
好調時の浦和相手でも無得点で終わるデキじゃなかった。

ただ、小笠原のいる鹿島に勝ったことないんだよ、たぶん。
憲剛が競り合いでぶっ飛ばされるのは久しぶりに見たよ。
ここらへんに答があるような気がするなぁ。
僕はその答を見つけられないけど。
そんなの見出せたらサッカーの本書けるけど。

経験、という言葉だけでは語れない明らかな差。

それを埋めるのは、あるいは克服するのは、
突然変異的なヒーローの出現だったり、
誰かがもう八面六臂の活躍をしたり…、 が必要なのかな。
ある年のナビスコ決勝の茂庭のような。
オシムの下で覚醒した阿部のような。
もしくは浦和のようなサポーターを含めたチーム力。

そんな突き抜けたものが今年の川崎にはなかったもんね。
去年はあったんだけど…。
うまくいかないもんだ。

川崎の来年のテーマは世代交代かな。
本当は今年から着手するべきテーマだったけれど、
ACL参戦やらで先送りにされちまった感じがある。
若い力がもっと出てこないとタイトルを狙うどころじゃない。
現状維持で上が狙えるほど甘い世界でもないからね。

今年も川崎は取ったり取られたり、
総得点+総失点は常に上位ですよ。
面白いっちゃ面白い。それが川崎の色かとも思う。
でもタイトルを狙うのならば、それじゃいかん、と。
ガンバでさえ、同じようなスタイルでタイトルを取るまで
何年もかかったんだ。

僕としては今のままでスリリングなサッカーが観たい
気がするけれど、そろそろタイトルを取ってもらいたい、
今の社長が社長であるうちに勲章を、とか思う。

来季のシーチケ、買うかどうか迷っていたんだよね、実は。
ちょっと旅に出ようか、と。。。
いろんなもの観たいという欲求が。。。
でも、やっぱり近所だから、買っちゃうんだろうなぁ。

そんな僕の心を見透かしたかのように、
いろんなもの当たるし。
この前行ったアワードもそうだし。
今度は元選手と一緒にフットサルできるらしいし。

楽しみだ、結局。

|

« Nagoya Night | トップページ | 2008年だぜ、KY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/17522129

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×鹿島アントラーズ:

« Nagoya Night | トップページ | 2008年だぜ、KY »