« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »

2007/09/18

女子W杯、日本×ドイツ

ドイツ、強いや。

数字だけ見たら健闘、ということになるかもしれないけど、
ドイツはグループリーグ最終戦、負けなければいいという
サッカーを確実にやってきた。そこに破たんは全くなかった。
その上での2得点。すごいわ。

もし、ドイツが勝たなきゃいけない状況で、もっと前がかりに
来たとしたら、突け入る隙もあったかもしれないけれど、
あれだけどっしり構えられたら実力の差がはっきり出るね。

なでしこはそれでも最後まで頑張って、自分たちの力を
存分に発揮した。まさに玉砕した、って感じ。

それにしても、今日のスタジアムのピッチはよかったよね。
イングランドとアルゼンチンとも、ここでやりたかった。
ここなら日本のサッカーを思い切りできるもの。。。
相手も同じ条件、とは言え、イングランドのサッカーに
芝生なんか関係ないもの。パスなんか適当だし。
アルゼンチンを崩すにもあんな時間はかからなかっただろうし。

切り替えて、来年の五輪だ。
若手も出てきて、次の1年も刺激にはこと欠かないでしょ。
ただ、ベンチワークが慎重すぎるのが気になる。
勝負師、がこのチームを率いても面白いんじゃないかな、と思う。
荒川の怪我は計算外だけど、ちょっと慎重すぎたね。
戦術にも足かせをはめられているような気がする。

すべて解き放った女子日本代表が見たい。
このチームならできるはず。

結果は残念だったけど、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

川崎フロンターレ×大分トリニータ

フロンターレのこと書くの久し振りな気がする…。
ホームゲームは必ず観に行ってるんだけど。

最近、いいゲームをしながらも勝ち点が取れない、
順位もじりじりと下げているフロンターレだけど、
この中断前まではなんとなく納得はしていた。

強豪でもないのに相手チームに徹底的に研究され
自由にサッカーをさせてもらえない、序盤はいい形を
作りながらも最後にブロックされてしまう見慣れた展開。

でも浦和戦とかガンバ戦とか、相手が強い時ほど、
おそらく相手が自分たちのスタイルを変えずに戦って
きたときは、ガチの勝負で勝っていた。
それはそれは、楽しい瞬間を味あわせてもらってきた。

だから、結果的に負けようと引き分けようと、
納得できる部分があったわけさ。
そんな勝ち続ける戦力がないのはわかってるし。

しかし、今日の試合はまったく納得できない…。


続きを読む "川崎フロンターレ×大分トリニータ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »