« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

2007/02/24

浦和レッズ×ガンバ大阪

混んでそうなので自宅テレビ観戦。

現在のチーム状態が如実に現れた結果でした。
怪我人たちがすごく豪華な浦和と、
家長が抜けているだけのガンバ。

また試合前のスタメン発表をみて注目した
浦和新加入の阿部と鈴木のコンビネーション。
代表で何度か一緒にやったことはあっても、
役割が全然違うので不安はあった。
二人は並び立つことができるのだろうか。

続きを読む "浦和レッズ×ガンバ大阪"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/23

五輪代表、二次予選メンバー発表

反町監督が就任会見で言った言葉を覚えていますか?
「この仕事の大きなものとしては、やはり選手をセレクトする
ということがかなり重要になってくると感じています」
一部だけ抜き出して論じるのも気が引けるけれど、
この点がまだかなりひっかかってます。

一昨日のトレーニングマッチ、アメリカ戦を観ても、
チームとして何を目指しているのかわからないのです。
もちろん目標は五輪出場権獲得とその先にあるのですが、
そのためにどうやって戦って、先に進んでいくかが見えない。

選手を選びました、試合に送り出しました、さあ頑張って。

「さかつく」か?

この世代、昨年12月にそれまで招集されていなかった選手を
多く集めたカタール国際メンバーを含めると、わずか半年ちょっとで
GK5人、DF23人、MF27人、FW13人を集めています。
メンバーを眺めてみると、とりあえずこの世代で使えそうな選手を
とりあえず呼んでみた、と思えなくもありません。
そしてただ好き嫌いでチームに残す。日本国籍を取得したばかり
の李忠成を今回選んだというのもその証拠。
実績もないのに、その選手のおかげではじき出された選手が
かわいそうだ(甘いかもしれないけど)。

U22という時期は、合宿に参加するだけで伸びる選手もいます。
普段は受けない刺激により変化する選手もいます。
でも五輪代表チームといった明確な目標があるチームを作る際、
このような、セレクション的な集め方でいいのだろうか?
監督が考えるチーム、戦術に合致しそうな選手を選ぶべきで、
その戦い方を対外試合で実践するべきじゃないのか。

まあ幸い、初戦はホームで香港戦。
香港はなめちゃいけない(後日改めて書きます)けれど、
比較的楽な相手と国立で戦える。
もちろん勝ってもらわなきゃ困るけれど、中途半端な勝利で
問題を先送りにするのは避けなければいけない。

以下は今回発表されたメンバー。
そして(続き)には、これまでの選手召集過程をメモにしたもの
を貼り付けておきます。長いっすよ(笑)

≪2007年2月22日≫

北京五輪男子サッカー 男子サッカーアジア2次予選
対U-22香港代表戦、日本代表メンバー

GK:山本海人(清水)松井謙弥(磐田)林彰洋(流経大)
DF:一柳夢吾(東京V)伊野波雅彦(東京)水本裕貴(千葉)
   青山直晃(清水)福元洋平(大分)
MF:本田拓也(法大)増田誓志(鹿島)谷口博之(川崎)水野晃樹(千葉)
   梶山陽平(東京)青山敏弘(広島)上田康太(磐田)家長昭博(G大阪)
   本田圭佑(名古屋)
FW:平山相太(東京)カレンロバート(磐田)李忠成(柏)

続きを読む "五輪代表、二次予選メンバー発表"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/22

ローマ×リヨン

それにつけてもスタディオ・オリンピコの凄さよ。

チケットは75000枚も売れたという。
あの中田英寿が出場し、スクデットを獲得した試合が
再現されているかのような盛り上がりようだった。

イタリアサッカー界を取り巻く厳しい環境下、
お互いに攻撃力を売りにするチーム同士の対戦。
心待ちにしないローマのカルチョファンはいないだろう。

続きを読む "ローマ×リヨン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナ×リバプール

去年と一昨年のチャンピオン同士の対戦。
チャンピオンズリーグのドローは絶対に細工してあると
思わせるようなラウンド16の目玉カード。

バルセロナはエトー問題で揺れ、リバプールは直前に
酒場で大喧嘩をしたという、これもまた共に話題にこと
欠かない両者の対戦は?

続きを読む "バルセロナ×リバプール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポルト×チェルシー

UEFAチャンピオンズリーグ、ノックアウトラウンド
で最も楽しみにしていた試合のひとつ、ポルト×チェルシー。

チェルシーのモウリーニョ監督がかつて指揮していたポルト。
因縁を煽る報道もあったけれど、それよりもお互いに噛み合う、
手に汗握る好試合が期待できたから。

毎度のごとく、(続き)をどうぞ。

続きを読む "ポルト×チェルシー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/21

PSV×アーセナル

今日、頑張ってUEFAチャンピオンズリーグ、
ノックアウトラウンド3試合を観ました。
いつまでも結果報道を遮断しているのはつらいし…。

続きを読む "PSV×アーセナル"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リール×マンチェスター・ユナイテッド

リーグ戦はちょっと休憩(連敗中)してこの試合に
照準を合わせてきていると思われるリールと、
プレミアではトップを突っ走るユナイテッド。
噛み合えば好試合、さもなくばユナイテッドが
2戦目を待たずにベスト8進出を確実にしてしまう
展開かな、と勝手に予想していました。

さて、もう夜とはいえまだ録画試合を観ていない
ひとのために、試合内容は(続き)に書きます。

続きを読む "リール×マンチェスター・ユナイテッド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアル・マドリー×バイエルン・ミュンヘン

UEFAチャンピオンズリーグ、
いよいよノックアウトラウンド開始!

どの試合を生中継で観戦しようかと思案したあげく、
レアル・マドリー×バイエルン・ミュンヘンを選択。
世が世なら?ファイナルであってもおかしくないこの
カードは、没落した大帝国同士の戦いとも揶揄される。

しかし共に現時点でリーグ戦7敗を喫していようとも、
熱い戦いが繰り広げられるに違いない、と、
実況倉敷保雄、解説金子達仁のスカパー名コンビの
トークも楽しみだしね。

日本代表を語る金子達仁はあんまり好きではないけれど、
欧州リーグを感嘆詞まじりで心の叫びを伝えてくれる
彼の姿勢は好感が持てる。本当に好きなんだなぁ、と。
そして金子達仁の間合いをよく理解している倉敷保雄の
実況はさすがスカパーのエース、ですよ。

で、試合内容については、録画してまだ観ていないひとも
いるだろうから、(続き)に書きます。興味あるひとはどうぞ。
たいしたことは書けませんが。

続きを読む "レアル・マドリー×バイエルン・ミュンヘン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »