« 日本×チリ | トップページ | スーパーボウル »

2008/01/31

日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ

まず、オシム爺さんの元気な姿が見れたのが収穫でした。

この寒い時期に外出が許されたこと、杖をついて歩いて
いること、そして生気のある表情からみて、リハビリも
順調に進んでいるのでしょう。

暖かくなったら、あちこちでサッカー観てるかもね。

ん?飛行機に乗れるようになったら、サラエボに帰るか…。
今日のボスニア・ヘルツェゴビナ観てたら、どうにかして
やろうと思っても不思議じゃないしね(笑)

それにしてもこの日本代表は。。。(続く)

本当に、みんな優しいんだな。

最後に入った播戸以外、要求するという場面が皆無。
走り出した方向とボールを出した方向が違っても、
ごめん、すまん。。。みたいな、ね。

絶好球をシュートしないで戻してしまった内田に対しても、
(戻すならもう一歩持ち込んでからだろ…)
憲剛は優しくパスを出し続ける。
遠藤はボールが反対方向に行っちゃっても走るし。
中澤と阿部があたふたしていても楢崎は優しく見守ってるし。

今はこれでいいのかもしれない。
そんな本気になる相手でもなかった。
お互いに理解を深めて、試合中にあからさまな要求を
しなくても、自然とそれができればそれが理想ではある。

でも次は、真剣勝負だぞ。
1週間で切り替えができるのか?

巻は自分のやるべきことを精一杯やって、屈強な相手と
ぶつかり続けて痛んでしまうし、高原は合わせよう合わせよう
という意識が強すぎて持ち味が全然出せずじまいだし、
大久保は馴れないポジションで窮屈そうだけど我慢してたし。

内田と駒野がともにセーフティーな動きだから、
攻撃に流動性は少ないし、いい形を作りたいがために
遠藤、憲剛はチャンスにもミドルシュートを選択しない。
あれだけポゼッションに差があったのにシュート12本しか
打っていない、ましてやホームだ。

ガツガツしたところがない。
そんな必要はないのかもしれないけれど、
もしかしたら全部、隠して牙を研いでいるのかもしれないけれど、
そしてそうであってほしいと思うけれど。。。

あ、思いだした。

今日のツボ。

相手のCKのとき、ゴールキーパーのコールをするんだけど、
思わずコールリーダー、「ヨ~シカツッ!」
と言っちゃいました。周りは一瞬、とまどいの渦だった。
それほど長い間、ヨシカツだったんだよね、仕方ないよね…。

でも笑っちゃった。

でもどうせなら川島使ってほしかったなぁ、岡田さん。
いきなり予選じゃ出せないだろうし…デビューは東アジアか。

あ、ちなみに僕はゴール裏で跳ねてはいません。
割と近くにはいるけれど、だいたいは座って観るエリアにいます。
こんなサポーターはよく、地蔵さんと呼ばれます。
はい、地蔵です。
でも由緒ある、長年ここにいる地蔵です。ご利益はないけれど。

|

« 日本×チリ | トップページ | スーパーボウル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/17905996

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ:

« 日本×チリ | トップページ | スーパーボウル »