« 2008年だぜ、KY | トップページ | 元プロサッカー選手とフットサル »

2008/01/14

決勝ふたつ

年末年始と仕事に押されて、
(いや自堕落なだけだけど)
なかなかインカレも選手権も行けなかった。
せめて決勝だけは観ようと、寒いなか
連日の国立通い、行ってまいりました。

昨日のインカレ決勝、早稲田大学×法政大学。
ともにプロ内定者が5人ずついるという好カード。
去年までとは違った面白いサッカーが観れた。

法政の方が前評判はよかったのかな、よく知らないけれど。
確かに個人技では圧倒的に法政が勝っていた。
でもチームの戦術統一というか、気持ちの面では早稲田が上。
結果は0-2で早稲田の勝ち。

なんかうまく早稲田が風に乗った、みたいな感じだった。
冬の国立、上空は北風がきつくてボールコントロールが難しい。
なかなかボールを収められない、ハイボールのヘディング
ひとつにしても芯がはずれる法政に対して、早稲田は
きっちりとひとつのボール処理に集中してミスが少なかった。
その小さな積み重ねが結果につながったのだと思う。
きっと厳しい環境で練習をきっちりやっていたんだろうね。

法政は上手いんだけど雑。
上手な選手に多いんだけど、すぐに諦める。
失敗したら追いかけない、プレーが荒くなる、みたいな…。

試合はよかったですよ。
でも観客はバックスタンドの下段に入り切る(他は開放せず)
くらいしかいなかった。残念だなぁ、面白いのに。。。

そして今日の高校選手権決勝。
久しぶりに静岡勢が決勝に来たということで満員の国立。

200801141401000

写真は携帯カメラなんで、あまりよく写ってないです…。

いや当日チケットが売り切れただけで(難民が多かったなぁ)
全席指定なんかにしたらもっと入っただろうけど仕方ないか。
読めないもんね~

藤枝東×流通経済大柏。
もう実力的にも、準決勝を観ても圧倒的に流経柏なんだけど、
千葉県大会が全国大会だったね、なんて言わせたくないから
もうちょっと藤枝東には頑張ってほしかったんだけどな。

試合開始直後の決定機を逃した藤枝東は、
なんだ行けるじゃないかと思ったかどうかはわからないけど、
ちょっと集中力を欠いたところ(序盤なのにね)で、
流経柏に先制点を許してしまう。

ちょっとの心の揺れが、高校世代では大きな結果になる。
あとはもう流経柏の大前ショー。好き放題にできた。
もっとできるチームなんだけどな、藤枝東は。

なんだか、好調ドイツ代表に、圧倒的に試合を支配されて
負けてしまう日本代表、みたいな感じがしてきて
切なくなってきたですよ。。。

今年の選手権は、全体的に小粒でした。
プロ内定者も全国大会出場校ではごく少数だったし、
大会でぐんと成長するチームも見られなかった。
選手権の意味を云々言うのは本意ではないし、
僕もいちおう選手権を夢見た少年だったんだけど(笑)
やはり試合時間を決勝以外も45分にするとか、
日程をきちんと選手本位にしてあげるとかしないとダメでしょ。

プロ内定者が多かったインカレ決勝、
そしてひとりしかいない(たぶん)選手権決勝、
いまプロのリーグが即戦力を求める状況下にあるということを
差し引いても、これもなんだかちょっと切ないな。

時代の波、あるっちゃあるんだけど…。
また戻ってくるかねぇ。

|

« 2008年だぜ、KY | トップページ | 元プロサッカー選手とフットサル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/17693413

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝ふたつ:

« 2008年だぜ、KY | トップページ | 元プロサッカー選手とフットサル »