« スーパーボウル | トップページ | 忌野清志郎 完全復活祭 »

2008/02/07

日本×タイ

テレビ観戦の方には、すごく寒いだろうなぁ、正気の沙汰じゃねぇよ、
と思われたかもしれませんが、実はこういうとき、昼間っから雪が
ちらついているようなときには、防寒を完璧にしていくので、さほど
寒さは感じずに済むのです。油断してるとえらい目に合うけれど。。。

長Tシャツの上にTシャツ(これ重要、お腹冷やさないために…)、
ハイネックシャツの上にフード付きのフリースを着込み、
分厚いダウンジャケットを羽織る。

足元は靴下二重にして、ふくらはぎにはレッグウォーマー代わりの
ゆるゆる100均サポーター。手袋はもちろん二重。ニット帽。
観戦時の足元には、別のダウンジャケットのインナー部分を持参。
カイロが2つ。吹き降りになったときのためにウインドブレーカーの
上下を念のためにバッグに押し込む…。

書き出したらかなりの重装備だなぁ(笑)

こんなことまでして行きたいのか?
はい、行きたいのです。だって日本代表の「W杯予選」なんだもの。

サッカー協会は、満員にならないと、空席の3万席を嘆くよりも、
今日来た3万数千人を大切にすべきだよ!

配られたカイロひとつで暖が取れるような寒さじゃないからね。
僕なんかは家から行けるからいいけど、会社勤めのひとは朝から
大荷物持って夜に備えて、遠い埼スタに行くのになんとか定時で
上がろうと努力しているんだからさ!
暖かい飲み物を無料でサービスするとか、格安価格でフリースの
ひざかけを売るとか…、なんかしないといけないと思うよ。

肝心の試合については、(続き)でどうぞ。。。

後半、交代でピッチに飛び出てきたばんどーさん。

あなた半そでですか!?

雪降ってますよ? 1℃とか2℃ですよ? 
ほとんどの選手は長そでインナーに長そでユニですよ。
なんかの荒行ですか!? タイのひとびっくりですよ!

これでタイの選手は戦意喪失だな、間違いない。
この寒いのに、生まれてこのかた見たことない白いものが
降ってきているというのに、この日本人、半そでだよ…。
こんな状況でこいつらに勝てるわきゃねぇんだ。。。

遠藤のFKはさすがだったねぇ。
あの位置であんだけ壁が飛ぶ必要があったんだろうかと
思うわけだが、GKはまったく見えなかっただろうな。

その次の失点。
確かにスーパーシュートだったけれど、憲剛のところで
止められたね。一瞬、ボールに行くかマークにつくのか
迷ったところを突かれて、慌てて中澤が詰めたけれど
思いっきり振り抜かれてしまった。
どんな位置でも、フリーで打たせたらあんな事故が起こるから。
もっと言えば、憲剛がひとりでふたりを見なきゃいけない状態
になってしまったマークのずれ。
先制点を取ったあとの気の緩みと言われても仕方ないところ。
最終予選ではあってはならないことですよ。

まあでもその後は、個々の実力差もあり、次第に日本ペースに。
タイの選手はだんだんとファウルでしか日本の選手を止められ
なくなり、挙句の果てには退場で数的不利に陥る。

後半に入ったところで驚いたこと。
同点にされて雰囲気が悪くなりがちだった場面で、
憲剛がより積極的に前目のポジションを取りだしたこと。
監督の指示があったんだろうと思うけれど、臆病になることで
余計なカウンターを食らうよりも、攻めて打開しようという姿勢が
感じられてよかったですよ。この点、日本代表は進化したんじゃないかな。

細かい反省点はあれど、今日は完勝、と喜んでいいと思う。
暑い暑いアウエーでは思う通りにいかないだろうけど、
グループリーグの初戦で3点差勝ち、上々の滑り出しです。

|

« スーパーボウル | トップページ | 忌野清志郎 完全復活祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/40022337

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×タイ:

« スーパーボウル | トップページ | 忌野清志郎 完全復活祭 »