« 10日ぶりの更新です | トップページ | チャンピオンズリーグR16 »

2008/03/02

鹿島アントラーズ×サンフレッチェ広島

ゼロックススーパーカップ。
今季Jリーグの開幕を告げる一戦。

そりゃ楽しみにしていたよ。
広島は残念ながら今年はJ2だけど、
集中して戦えばいいチームだということは
昨年の天皇杯ではっきりしている。
王者鹿島が貫録を見せるのか、
広島が一矢報いるのか、
わくわくしながら国立競技場へ向かったよ。

でもなぁ。。。

(続き)に続く

試合開始直後、前線から猛烈なプレスで
いきなりチャンスを作り出す鹿島。
返す刀で佐藤寿人が前線に飛び出しオフサイドを
おみまいする。
これから先、何度この攻防が繰り返されるのか!
と心躍らせていた時は十数分で終わってしまう。

鹿島の岩政が不用意な、ほんとうにつまらない反則で
2枚目のイエローカードで退場となる。
でも数的有利に立った広島は、ペースアップする
わけでもない。前線のプレスが弱くなったのを
いいことに悠長にパス回しを続けるだけ。
誰もアタックしない。
陣形が整わないうちに勝負しなきゃいけなかったのに。

そうこうするうちに広島の李も2枚目のイエローで退場。
厳しい判定だったけれど、これがこの試合の判定基準
なんだろう。我慢して従うしかない。

10人対10人で始まった後半。
数的にイーブンとなった鹿島は前線からのプレスを再開。
あっという間に2点を奪う。
広島のGKはこの舞台に立つ力量は持ち合わせていなかった。

試合の流れが変わったのは後半30分すぎ。
このままなんとなく試合を終わらせようとしていた鹿島に
隙が生まれたのか、投入された久保に敬意を払い過ぎたのか、
守備は最終ラインのみになってしまう。
そんなときに下されたPKの判定。
仕方ない、これがこの試合の基準だ。

受け身になった鹿島は案外もろい。
まだかつてのしたたかさは持ち合わせていない。
佐藤寿人の素晴らしいゴールで広島が同点に追いつく。
3点目を取りに行かず、2点を守ろうとしたのが敗因。
図らずとも2点リードの難しさを実感することになった。

PK戦、試合終了後の混乱については、書きたくないし、
試合の行方を左右したものではないと思う。

ただ、思うこと。

鹿島に、相手がJ2の広島だという油断がなかったか、
怪我でもしたらシーズンに影響するという気持ちがなかったか、
広島に、どうしても勝つという気持ちがあったのか、
試合を裁く審判に、国立の舞台に立つ資格があったのか、

すべて疑問に思う。

乱戦を制した広島、と書くメディアもあるかもね。
乱戦なんてとんでもない。
選手たちは大人しくボールを蹴っていただけ。
戦術的にもリスクを冒さず、無理をしないで怪我しないように。
審判のマッチコントロールが下手なだけなのに。

この試合の主審、下手なんですよ。
荒れていない試合を荒らすのが得意。もう、何度もね。

町を守るおまわりさんは、普段から住民との対話を通じて
信頼関係を作り上げたうえでルールを適用するんだ。
今日の審判は、選手との信頼関係を一切築こうとせず、
ルールだけを振り回して荒れた状況を作り出す。
そう思い出したら、彼が吹く笛の音さえ気に障るようになる。
あのヒステリックな笛は本当に嫌い。

きちんと説明して、選手を納得させられれば、
PKの際のGKの不満も少なかっただろうに。
この試合、厳しく取りますよと事前に説明しておけば、
あんな混乱にはならなかったろうに。
説明はしたのだろう、一方的に。でもね、そんなの意味ないし。
上からモノを言われていい気分なわけがない。

審判の判定が、この試合の結果を左右したとは思わない。
でも、審判がこの試合を壊してしまったことは確かだ。

この組み合わせで、チケットの売れ行きを心配したのかどうだか
知らないけれど、子どもたちの団体招待がすごく多かった。
バックスタンドにはたくさんの少年少女が試合を見守っていた。

そんな子どもたちに、こんな試合を見せちゃいかんよ!


|

« 10日ぶりの更新です | トップページ | チャンピオンズリーグR16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/40333153

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島アントラーズ×サンフレッチェ広島:

« 10日ぶりの更新です | トップページ | チャンピオンズリーグR16 »