« バーレーン×日本 | トップページ | コンサドーレ札幌×川崎フロンターレ »

2008/03/30

川崎フロンターレ×ジェフユナイテッド千葉

Kengo Rules!

憲剛と、対峙するジェフの下村の勝負が試合の結果を決めた。
今季初勝利に向けてスタートから全開の憲剛は、下村との勝負に
全勝してピッチを支配。怖いくらいの気迫が感じられた試合だった。

その気持ちが全員に波及して前へ前へとボールを運び、
誰かがミスしても早い段階でカバーに入り、ジェフに攻撃の機会を
与えなかった。川崎に積極的な守備が戻ってきた。


大橋が疲れたとみるやポジションを交代し、前線からプレスを
かけまくる憲剛を見ていると、数日前にバーレーンでフル出場した
とはとても思えなかった。その悔しさもあったのだろうか。
とにかく、集中を切らすことなく90分間ピッチの王様だった。

憲剛の疲れを見越したのか、早めに交代させて休ませようとした
監督の意図は、大橋のアクシデントによって打ち消された。
交代ボードは14から24へと変更。まるでサッカーの神様が、
最後まで憲剛を見せてくれと言わんばかりのタイミングだった。
大橋には悪いけれど、今日の試合終了の笛は憲剛と一緒に
聞きたかったから、ちょっと安心したりして…。

その監督、ケガ人続出にもめげず、自分の方針を曲げなかった。
これはこれで称賛に値するのかな。
テセを真ん中に配置した1トップ2シャドー。フッキが退団して
ジュニーニョと我那覇がケガ。誰もがテセと久木野の2トップと
思っていただろうけれど、大橋がずっと高いポジションでいた。
前の3人が流動的に動いて攻撃を作るのは、今年に入って
ずっとやってきたことだったからね。
選手が入れ替わってもそれができる、と証明したかったのか…。

確かに、この3人に山岸、森が絡んで、真ん中から憲剛や谷口が
飛び出せれば、面白いことこのうえないのだ。
そのぶん、守備は手薄になるから、負けが込んでいるいま、
すごく勇気がいった戦術だったと思う。
試合中も、怖がって中に絞る前線の選手に、サイドに開けと
指示を続けていた関塚監督。やっぱり頑固なんだ…、よかった(笑)

1試合に1度は見たい川島のスーパーセーブも見れたし、
雨に濡れて寒かったけれど、久し振りにすっきりとした気分で
帰路につけた。そう、なんだか本当に久し振りだ。

でも喜んでばかりはいられない。
数的優位に立っていた後半、追加点が奪えなかった。
ジュニーニョがいたらあと2点は入っていたろうに…。
自分も相手も疲れて、スペースのできた場面で、ひとりで
持って行ってシュートを決められる選手。
残念ながらテセも久木野もまだそれはできない。
ならばもうひとり、勝負とみたら行かないとね。

山岸がフィットしてきたら、なんとか上位チームと
対等に戦える戦力になるかな? 

今はまだ、物足りない。

もっと。

サポーターは貪欲なのだ。

|

« バーレーン×日本 | トップページ | コンサドーレ札幌×川崎フロンターレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/40694281

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×ジェフユナイテッド千葉:

» 2008J1第3節@等々力 [kamioda7(カミオ・ダ・セブン)]
川崎 2 - 0 千葉 (メシウマ^_^)v 【特典】 川崎…テセ(3分)、久木野(44分) 【カレー券】 川崎…山岸(22分)、ケンゴ(34分)、森(89分) 千葉…米倉(10分、34分)、ボスナー(89分)、楽山(89分)、下村(89分) 【トマト券】 千葉…米倉(34分) 3/30(日)15:00キックオフ 17,658人 まず、昨日は試合前から等々力の雰囲気がものすごく良かったです... [続きを読む]

受信: 2008/04/01 08:09

« バーレーン×日本 | トップページ | コンサドーレ札幌×川崎フロンターレ »