« ツーロン、日本×オランダ | トップページ | キリンカップ、コートジボワール×パラグアイ »

2008/05/22

CLファイナル

CLファイナル、
マンチェスターユナイテッド×チェルシー

(続き)に書いてます。



僕が好きなチームは、
なかなかカップは取れないな…。
なんか優勝の喜びを見せつけられてばかり。

ブルーズに会うには、僕が行くしかないのか。

CLファイナルは死闘。
ピッチ状態が体力を削り取っていったという要素は
あるけれど、リオ・ファーディナンドが70分で足を
攣らせるなんてことはあり得ない。
よほどの緊張感、ひとつのミスも許されないという
ピリピリした状況がテレビでも伝わってきた。

延長戦に入って雨は更に強くなって、過酷な戦いに。
あんなに足が止まるユナイテッドとチェルシーは
見たことはないし、そんな相手に得点できないとは
信じられない。最後の最後、気持ちだけで戦って
いたのだろう。

テベスの挑発に乗っちゃったチェルシーの面々に
触発されて、ドログバ自身がレッドをもらう。
これで試合は実質的に終了。

でもそのドログバ不在が最後のPK戦に響いた。
チェルシーのキッカー順はおそらく試合前から
決めていて、ドログバが抜けたことで5人目が
テリーになってしまった。
強すぎるキャプテンシーは、往々にしてこんな時に
変な力を加えてしまう。過去に主力選手ほどPKを
外していることを見てもわかる。
雨で軸足が滑り、テリーが蹴ったボールはネットを
揺らすことはなかった。

前半45分は素晴らしいせめぎ合いだったなー。
相手のストロングポイントを消し続けた15分。
ユナイテッドが圧力をかけて先制点。
最後の数分、バランスを崩しても反撃に出た
チェルシーが追い付く。

後半45分はチェルシーペース。
出来ればここで決めたかった。。。
最後の最後で攻撃を凌いだユナイテッド。

うーん、と振り返っても悔しい限り。
最後は経験の差か、といってもこれ以上何を経験
すればいいんだろう。テリーとランパード、ドログバが
いる間にビッグイヤーを取ってほしかったのに…。

悔しい。

|

« ツーロン、日本×オランダ | トップページ | キリンカップ、コートジボワール×パラグアイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/41282681

この記事へのトラックバック一覧です: CLファイナル:

« ツーロン、日本×オランダ | トップページ | キリンカップ、コートジボワール×パラグアイ »