« ツーロン、フランス×日本 | トップページ | FC岐阜×セレッソ大阪 »

2008/05/27

日本×コートジボワール

行ってまいりました豊田スタジアム。
建物として見たら、僕が日本で一番好きなスタジアム。

スタジアムに通じる橋を渡って、徐々にその近代的な姿を
現わすときの威厳のあるたたずまいが最高なのです。

Toyotast1

そして、観やすさも群を抜いていて、ゴール裏2階でこんな感じ。

Toyotast2

でも、僕には落とし穴があったのです…。

この写真を見てもわかるように、手前の観客、傘さしてますよね。

Toyotast3_2


開閉式の屋根は何かが壊れていて、閉めることはできないって
いうのは知っていたけれど、ほとんどは固定屋根に覆われていて
雨に濡れる心配はないと思っていたのです。

だけど…、アウエー側のゴール裏には、何もなかった…。
まさかアコーディオンカーテンみたいに、ホーム側に屋根が
折りたたまれているだけとは思わなかったっすよ。

やられた。というか、リサーチ不足、雨具(ポンチョ)の用意なし…。
まあそれでも、いつも観戦リュックに入っているでっかいビニール袋
でなんとかしのいだけどね。これで試合がつまらなかったらさぞかし
辛かったろうに…。

試合は、まあ、面白かった。
コートジボワールのコンディションが悪くて、日本が1対1でなんとか
しのいでいくことが出来たのが勝因だと思うけど、日本の選手の
方が気持ち入ってた。
最初は、これまでと大きく変化した先発メンバーに観る方としても
戸惑ったけれど、自由に動ける松井とか、チャレンジを続ける長友
とか、次第に引き込まれていった感じ。

憲剛が出ていないのは寂しかったけれど、代表ってのは出れなくても
刺激になるもの。ベンチで思うことは多かっただろうし、次のチャンス
は必ずあるからね。

まあでも、ここに俊輔が入ったらどうなるんだろうね?
新しい世代や松井と融合することは可能なんだろうか?
6月の予選に向けて、決して長い期間はないし…。

この先に向けて、楽しみが増えたような、不安が増えたような、
なんだか複雑な気もしたコートジボワール戦でした。

|

« ツーロン、フランス×日本 | トップページ | FC岐阜×セレッソ大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/41335500

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×コートジボワール:

« ツーロン、フランス×日本 | トップページ | FC岐阜×セレッソ大阪 »