« ジェフユナイテッド千葉×川崎フロンターレ | トップページ | まとめ書き »

2008/06/11

ユーロ2008!

ユーロ2008、始まってます。

ついに昨日、久しぶりにWOWOW契約。
いつもサッカー観てるスカパー経由だけどね。
月額2100円。高いよ。でもその価値はある!

深夜生放送なので録画して観る人も多いだろうから、
試合の結果とか内容はブログに書かないけれど
(というか、そんな時間的余裕はない…)、
感じたことをひとつだけ。

ユーロ2008は、間違いなくW杯ドイツ大会よりも
レベルの高い戦いであるということ。
何をしてレベルが高いというのか、基準によって違うと思う。
例えば勝つことだけを目的とするならば、欧州と南米の
サッカーの差はないと思うし、身体的な驚きに出会える
アフリカ諸国のサッカーも、それは素晴らしい。
日本のフェアなサッカーも称賛されるべきだと思う。

しかし、サッカーの美しさではユーロに敵うものはない。
特に今大会顕著なのは、カウンターの速さと正確さ。
自陣深い位置で奪ったボールを、相手の守備陣形が
整わないうちに、流れるようなボール捌きであっという間に
ゴール前まで運んでしまう。そして決して多くはない人数で
決定的なチャンスを演出する。

これがまた、とても美しい。
今のサッカーでは、守備がいったん整ってしまうと、
なかなかゴールをこじ開けることは難しい。
圧倒的な個人技をもってしても、だ。
そこで守備が整わないうちにフィニッシュまで持っていく。
非常に理にかなった攻撃の形。
これがいまのところの、サッカー進化の最新型なのだ。

これには前にいる、または出れる選手の有機的な動きが
必要だし、正確なパスやフリーランが必須のものとなる。
日本もこういうサッカーを目指した時期があったなぁ…。
いまは現実に戻って、勝てるサッカー、を目指す状況だけど。
(予選、だから仕方ないといえば仕方ない)

世界にさらに置いて行かれそうで心配だ。
2002年、横浜で打ち破ったロシアだって、ヒディンクの下で
あの頃とは見まがうような洗練されたプレーを見せる。
たぶん、いまの日本では太刀打ちできないでしょう。

あと、サッカーの進化、スピードがさらに速くなったことで、
審判(特に副審)がついていけない場面が多く見られる。
続出している微妙なオフサイドの判定がそうだ。
まあ、あんな早く展開されたら、ついて行けないのは当然。
ボールより、選手より早い副審なんていないから…。
検討中とされる審判増員が、導入される契機となるかもね。

ああ、でも面白い。
開幕してから何試合か観たけど、ハズレなし。
寝不足で大変だけどさ…。

|

« ジェフユナイテッド千葉×川崎フロンターレ | トップページ | まとめ書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/41497706

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ2008!:

« ジェフユナイテッド千葉×川崎フロンターレ | トップページ | まとめ書き »