« 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ | トップページ | 川崎フロンターレ×大分トリニータ »

2008/09/28

柏レイソル×川崎フロンターレ

打てども打てども入らない試合が3試合続いた。
まあ、無得点はそのうち1試合、2分1敗なんだけど、
シュート数とゴール数がそれぞれ、12本で1点、
20本で0点、18本で1点というなんで入らんねん!
と頭を抱える試合ばかり観ていたわけですよ、9月は。

でも、入るときは入るもんだ。
試合開始の最初のプレーで1点入れたかと思うと、
前半だけで4点。シュート9本で4点ですよ。
何が違ったのか…。やってるサッカーはさほど変わらん。
最初の1点がなかったら、またここ数試合と同じような
展開になったと思う。それほど、効果的な先制点だった。

(続き)に続く


その先制点は、憲剛の相手DFラインの裏へのフィードから。
9月の相手は鹿島、東京、横浜FMと、どちらかというと
どっしりと構えて相手の攻撃を受け止める戦術を取っている。
ところが今日の柏は、比較的前めからプレスに来る。
かつての勢いのあったころの鬼プレスではないけれど、
それでもラインは高い。

その裏を突こうというアイデアが見事に功を奏した。
先制後も、どんどんボールを放り込んでテセに競らせて、
相手DFを下がらせて、セカンドボールをキープして、
空いたスペースで勝負を仕掛けることを繰り返した。
放り込みばっかりでゴメンネ、という感じだったけれど、
結果的にバイタルエリアにはスペースができ、サイドも
どんどん上がるもんだから、柏は後退せざるを得なかった。

点を取れなかった試合は、相手の強固なDFに対して
真っ向勝負を挑んだもの。何度も何度も跳ね返された。
苦し紛れに打つシュートは、得点の臭いがするものじゃなかった。
今日はもう、まだまだ取れたんじゃないかと思うほど。
さすがに後半は、柏もスペースを埋めて運動量を増やして
対応してきたから試合は難しくなり、クリアミスからの2失点で
あらぬ心配をするはめになったけれど。

クリアはしっかり、というのはもう小学校から何度も何度も言われて
ることだけど、日本人にはなかなか難しい。
プレミアなんか見てると、クリアボールが果てしなく飛んで行く。
シュートの威力があるから跳ね返りが強いというのもあるけど、
地力というのかな、サッカーに関する体幹が強いんだろうな。
周平や宏樹はここ数年、クリアが本当に上手くなったけれど、
それでもまだ、なのだ。あ、箕輪はクリア強かったなぁ…。
井川も空振りなんかしてちゃダメよ。怖いから!

それにしても、憲剛は持ってるね。
第一子誕生が伝わったのが昨日。そして今日ゆりかご4回。
さすがにやりすぎだと思ったけれど、自分でFK決めたらもうこれは
チームメイトも付き合わざるを得ない(笑)
この日の優位を確実にした裏への浮き球も憲剛ならではのもの。
試合終了後、インタビューを終えてゴール裏に来てまでゆりかご
やってたもんな(スタッフに促されて、なんだけど)。
よっぽど嬉しかったんだろう。よかったよかった。

そしてジュニーニョ。
チームが調子を取り戻すには、彼のゴールが必要だった。
動きは悪くないし、シュートのちょっとした勘というか間合いというか、
おそらく来日して初めてじゃなかったかな、こんな長期の無得点。
5点目、試合終了直前に決めてくれた!
これはただのダメ押しゴールじゃないですよ。
相手GKが飛び出してきた結果とはいえ、難しい角度のシュート。
これが決まるのと決まらないのでは大きな違い。
他の選手も、サポーターも、本人も、大喜びの1発だった。

ゴールを決めてサポーターの前まで一気に駈けてきて、
何度も何度も胸のエンブレムを叩いて喜びと感謝を示してた。
いろんな問題があって、日本帰化を今回は断念したという。
日本代表でのプレーが難しいとあっては、特別な申請は無理。
果てない順番待ちをしなきゃならなくなる。
気持ちを整理したかったのでしょう。

川崎のエンブレムを叩き見せたのは、日本人にはなれなかった
けれど、ボクはずっと川崎の一員だよ!というメッセージだった、
と、思いたい。。。

|

« 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ | トップページ | 川崎フロンターレ×大分トリニータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/42617483

この記事へのトラックバック一覧です: 柏レイソル×川崎フロンターレ:

« 横浜Fマリノス×川崎フロンターレ | トップページ | 川崎フロンターレ×大分トリニータ »