« ジェフユナイテッド千葉×川崎フロンターレ | トップページ | 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ »

2008/09/07

バーレーン×日本 2010W杯アジア最終予選

これが最終予選ですよ。

どんなときも油断しちゃいけない。
試合終了の笛が吹かれるまで、集中を切らしちゃいけない。
何点リードしようとも、相手が減ろうとも。。。


前半はもう、思い通りの展開。
アウエーでの初戦、非常にいい入り方をした。

芝生、ピッチに慣れてボールも回るようになって、
日本の武器である俊輔のFKと遠藤のPKで2点のリード。
俊輔はタイミングをずらして穴が開くのを待ってたね。
遠藤のPKは緊張してたのかいつもよりコロコロじゃなかったね。
(この前、止められていたのが逆によかったか、笑)

後半、バーレーンのマチャラ監督は絶対に立て直してくると
思っていた。いまや彼は、日本を最もよく知る監督のひとりだ。
そしてボール奪取ポイントを前に上げたバーレーンが攻勢に。
日本のプレスが来る前に、早めにボールを入れてきた。
でもこれは想定内で、日本は最終ラインで対処できた。

そしてバーレーンに退場選手が出て、疲れもあり戦意喪失。
あとは決定的な3点目を決めるだけだった。
そこで憲剛!カッコよかったよー。
だーれも打たなかったミドルを突き刺して追加点。
きっとベンチで、ミドル打とうとずっと考えてたんだろうな。

これで後は試合を終わらせるだけ。
イタリアなら、きっと時間をもっと使って上手くやっただろう。
ドイツならば、容赦なく攻撃の力を緩めずに4点目を狙うだろう。
日本は、ここからの戦い方のイメージがまだ、ない。

岡田監督が打った最後の手は、今野をピッチに送り込むこと。
それは間違いじゃなくて、うん、このまま守り切るんだな、という
メッセージになる。ところが、交代は俊輔じゃなく長谷部だった。
ポジションはそのまま、選手の入れ替えのみ。

ちょっと中途半端なメッセージだったよね。
守備的な選手を試合の終盤で送り込むのは、守備の人数を
増やすのであれば効果的だけど、入れ替わりはなかなか難しい。
攻撃的な選手ならば、相手が慣れる前のワンプレーで仕事したり
できるけれど、守備的な選手はひとつのミスも許されないわけだ。
そして今野はクロスを見送ってしまう。普段の彼ならば絶対に
足を出しているボールだ。(テレビだからよくわかんないけどね…)
今野が内田と交代していたら、相手と競っているだろう今野は、
もちろんあのボールはカットしていただろうし。

だから1失点目は選手のせいじゃないと思うんだ。
中途半端なメッセージを送った監督、反省しなきゃいけない。
2失点目は、まさに慌てたDF陣の連係ミス。
これも、FWにボールを収めてキープできる選手がいなかったから、
相手の波状攻撃を招いてしまった結果、なのです。
だからその前の交代は、玉田アウト巻イン、じゃないかな、と思った。
憲剛と寿人のコンビは楽しいから嬉しかったけどね。

と、終わってからだから何とでも言えるんだけど、
選手はよく頑張っていた。テレビの画面を通して感じられる以上に、
暑さは過酷だったろうと思う。あのピッチはきつかったと思う。
終了後のインタビューで、勝ててよかったとみんな口を揃えていた。
ところで、今日のMVPは達也だよね。試合の流れを作り出した。
できれば最後まで、その流れを保持したかったけれど。。。

ともあれ、アウエーの初戦で勝ち点3。それも日本にとっての難敵
相手から勝利を奪った。これはすごく大きいこと。
5ヵ国のホームアウエー総当たりで、上位2ヵ国が勝ち抜けのリーグ
戦ならば、ホームで勝ってアウエーで負けなければなんとかなる。
一番難しい初戦で勝ったのだから、喜ばないのはかなりのひねくれもの。

でも、油断しちゃいけない。最後まで、緩めないで。

|

« ジェフユナイテッド千葉×川崎フロンターレ | トップページ | 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/42402380

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン×日本 2010W杯アジア最終予選:

« ジェフユナイテッド千葉×川崎フロンターレ | トップページ | 鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ »