« 気忙しい毎日 | トップページ | なんだか、ひさしぶりですが »

2008/12/07

東京ヴェルディ×川崎フロンターレ

フロンターレの試合前のウォーミングアップが終わり、
多くの選手が引き上げたあと、数人が残ってシュート練習を
していたんですね。まあ、これはよくある光景なんだわ。
テセとか、谷口とかシュートのいいイメージを持ってから
試合に入りたいってのもあるのかな。

そこでですね、今日もシュートを蹴っていたこの2人に、
ボールを出している選手がいたんです。今野コーチじゃなく。

つい先日、ゼロ提示、来期の契約はしませんよと通告された大橋。
2人に向けて、試合中に来そうなキツイパス、スピードのあるボール、
足元に入るもの、前に走らせるもの…。何発も出していた。
テセは最後に満足のいくシュートを入れて引き上げる。
谷口は、これもつきあっていたGK植草に止められまくり。
でも時間がないからと呼ばれて仕方なしに引き上げていった。

ベンチスタートの選手が、ある意味ライバルである先発選手の
練習を手伝うことなんて見た記憶がない。それも、ボール出しという
コーチがやるべき仕事を、だ。
いい感じだな、チーム一丸で勝ちに、それも3点を取りに行ってるな、
今日は勝てるな、と感じた。

でも試合は残留がかかっていたヴェルディで、序盤からチャンスは
作るものの最後に跳ね返される。そして福西が退場になって、
より試合は難しくなってしまった。
実際、フロンターレは相手に退場選手が出た試合のパフォーマンス
はよくない。引いて守られると余裕を持ちすぎてしまうのだ。

試合が動いたのは、その大橋が投入された後半。
最初の数分の彼の動きは素晴らしかった。まあこれが90分なり
45分でも続けば来期も必要な選手なんだろうけど…。
しかし大橋がかき回すことで、2得点が生まれたんだ。
ヴェルディも10人でいいかげん疲れていたしね。

結果、フロンターレは2点差勝ち。鹿島が勝ってしまったから
意味はなかったけれど、目標としていた3点差勝ちは出来ず。
この、一歩足りなさ加減がフロンターレなんですね(笑)
でも、J2のリスタートからその一歩は数シーズンをかけて
乗り越えてきている。2度目の2位は、タナボタじゃなくて
勝ちとったもの。ACLにも2度目の挑戦ができる!

来年、もう一歩踏み出したフロンターレが観たいね。
そして、しっかり働いてアジア観戦、行きたいなー。

|

« 気忙しい毎日 | トップページ | なんだか、ひさしぶりですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/43342466

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ヴェルディ×川崎フロンターレ:

« 気忙しい毎日 | トップページ | なんだか、ひさしぶりですが »