« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008/03/21

川崎フロンターレ×ジェフユナイテッド千葉

観ていて歯がゆい試合だった。

攻めても攻めてもシュートが入らない。
でも攻撃でいい形は作れているし、
そのうちバカスカ入りそうな予感はある。
攻撃に関してはあまり心配していない。

試合運びに関しても、前半は慎重すぎるきらいは
あったけれど、冷たい雨と強風のなかではいい判断。

でも、相手ボールになったときの怖がりようは…。

取られちゃいけない、失点してはいけない、
カードをもらっちゃいけない、約束ごとは守らなきゃ
いけない。。。
逃げのディフェンスになっている。
DFだけじゃなく、前線からすべての選手が、ね。

がんじがらめのサッカーをしている気がした。

優勝候補なんて言われて開幕から注目されて、
去年はアジアの戦いがあったからそれでも気持ちを
張っていられたし、考える暇もないくらいに移動や
試合が続いた。今年は考える時間がある。
だから余計なことを考えてしまっているんじゃないかな。

いまは全員が違うことを考えている。
後ろは守ろうとし、前は取ろうとする。
必然的にチームのバランスが悪くなる。

マイボールになったら全員が一方向に向くサッカーを
取り戻してほしい。ボールを持ったら、出す相手を探す
のではなく、ゴールに向かってほしい。
今日なんかはDFが持ったら大きなスペースがあるのに、
出しどころを探してしまっている。
逡巡すれば相手に詰められる、焦る、ボールを失う。

ま、悪い時は悪い方向に転がってしまうのがサッカー。
とはいえ、もっと楽しく試合に挑めばいいのに。
真面目な選手が多いから、悩んじゃう。

代表組が抜けて、チャンスだ暴れてやろうという気概も
見えず、代わりをしなきゃ、ミスしちゃダメだ、なんて
思っている選手が多かったのも残念。

上を向いて、楽しくやりましょうよ。フロンターレのみなさん。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/03/17

東京ヴェルディ×鹿島アントラーズ

チーム名から1969を外したけれど、
1969シートは続けてあるんだね。
バックスタンドが前売りで1969円。
バックスタンド愛好家としては嬉しい限り。
というわけで、味の素スタジアムに行ってきました。

キックオフぎりぎりに到着。
なので例の知事の挨拶は聞けず(忘れてた)。
稲田堤でのんびりと買い物なんかしてるからだ…。


続きを読む "東京ヴェルディ×鹿島アントラーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

ヴィッセル神戸×川崎フロンターレ

近所でゲームがなかったので、テレビで数試合を観戦。

なんかあれですね、フロンターレの不調ぶりを嘆こうと思っても、
他のチームにえらいことが(苦笑)起こってるみたいで、
たいしたことないや、そのうちよくなるよ、と感じてしまうのです。

修正しなきゃいけないことははっきりしてるからね。

ボールの取りどころがまったく定まっていないこと。
ずるずると下がってしまうので、相手に危険なエリアへの侵入を
簡単に許してしまうということが続いている。
中盤の選手がもっと早くアタックに行くのか、マークで付いて
いったDFがそのままボールに行くのか、なんて決まりごとが
徹底されていない、というか弱気な守備になっている。
(まさか、フェアプレー賞意識しすぎ???)

攻撃面では、憲剛が完全に封じられているのでボールの
落ち着きどころがない。結果的に攻め急ぎになり、3トップが
それぞれ単発の攻撃になるので、相手はボールに行けばいいだけ。
最初に感じたけれど、コンビネーションができるまで数試合は必要。
憲剛以外の起点、山岸や谷口はもっと彼から役割を奪っていいのに。
勇介はその中でよく効いているけれど、やっぱり最後のところが…。

みんなわかってるんだろうけどね。
こんな時期に代表に3人も取られるのは大変だろうけど、
自分たちがチャレンジャーであることを見つめ直すいい機会にしてほしい。
ヴェルディ戦も、ヴィッセル戦も、相手よりも気迫で上回っているとは
思えなかったもの。。。

今日の後半、3トップを諦めた関塚監督も心配だ。
あんなに頑固なのに、大橋を入れて試合を落ち着かせにいった。
これ以上情けない姿をファンには見せられないという配慮なのかも
しれないけれど、どうせなら最後まで信念を貫いてほしかった。
ちょっと残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »