« 清水エスパルス×川崎フロンターレ | トップページ | 川崎フロンターレ×大宮アルディージャ »

2009/04/17

チェルシー×リバプール

チャンピオンズリーグ準々決勝、2ndレグ
チェルシー×リバプール@スタンフォードブリッジ

見方によっちゃ4-4のバカ試合だ。

1stレグで1-3とビハインドを背負ってしまったリバプールが、
チームの柱、ジェラードを怪我で欠きながらも懸命に点を取りにいく。
気押されたチェルシー。キャプテンのテリーは出場停止。
0-2で負けても次に進める、なんて思いではリバプールを調子
づかせるだけということは、誰もが知っている。でも足は動かない。
そして案の定、前半のうちにリバプールが2ゴールを決める。

でもその呪縛はひとつのきっかけで解き放たれる。
後半も相変わらずリバプールの攻勢が続いたけれど、
劣勢の前半のうちにカルーに代わって入ったアネルカが
大きな仕事をしてドログバにゴールをもたらす。
エリア内に切り込み、ほぼエンドラインと平行に入れられたボール
がわずかにドログバの足先に当たりコースが変化。
リバプールGK、レイナの手を弾いたボールはゴールへ。

ここからはもう点の取り合い。
チェルシーが年に2回くらいあるアレックスのとんでもないFKで
同点に追い付き、ランパードのゴールで逆転。
チェルシーファンが祝杯の準備に入った80分すぎ、
ルーカスの放ったシュートはエシアンに当たりコースが変わって
リバプールが追い付く。数分後にはカイトのヘッドで逆転、リバプール
が1点リードし、あと1点追加すれば勝ち抜けという状況になった。

もうスタジアムは騒然。ドキドキハラハラとはこういうことだ。
これだけのゴールが生まれて、最後まで行方がわからない。
これがサッカーだよ。点を取り合うのがサッカーなんだよ!


両チームとも、普段のリーグ戦では守備が堅いことで知られている。
4失点なんて、めったにないことだ。ミスを連発したわけでもなく、
退場者が出たわけではなく、気を抜いてプレーしていたわけでもない。
単に、点を取りたいという気持ちが相手選手を上回っただけ。

CLのノックアウトラウンドでたまにこんなハイスコアの試合があるけど、
どれも歴史に残る名勝負として語り継がれている。
ユナイテッドが3冠やったときも、バイエルンがロスタイムに2失点
するなんて、誰も考えもしなかったこと。そんなことが起こるのだ。

試合を締めくくったのは、ランパード。素晴らしいゴールだった。
でも、MOMはアネルカだ。あの聞かん坊もすっかり大人になった(笑)
守備するもんなー、アネルカが。パス出すもんなー、あのアネルカが。
そして前半のうちからアネルカをピッチに送り出したヒディンクだ。
最後、トーレスを下げてしまったベニテスは、後悔しきりだろう。
FWは1試合に1点取れればいい、という考えができないから仕方ない
かもしれないけれど、チェルシーとしてはトーレスが下がったことで
変な怖さは消えたかもしれない。
まあ、交代後にリバプールは2得点しているから失敗ではないのかも
しれないけれど、この試合最後のゴールはランパードではなくてトーレス
だったかもしれない、という気がした。

さあ、次はチェルシー×バルセロナ。
またスリリングな撃ち合いが見られるのか、意に反してロースコアか…。

いや、ユナイテッドも見事な勝ち上がりだった。
でもあの守備的な戦術は気に食わない。
あの選手層で本気で行けば、ホームで喫した2失点なんかぜんぜん
気にせずに目の前の試合に圧倒的に勝てたろうに。
石橋を叩いているうちに知らない間にリードして勝っちゃうファーガソン
は気に入らないねー。まあ、それが伝統なんだけど。

このユナイテッドをいい意味でも壊せるのはチェルシーかバルサ。
ファイナルは面白い試合になるでしょう。当たり前だけど。
アーセナル、ねぇ。。。一発勝負ならまだしも、2戦戦ってユナイテッド
を上回るのは。。。キツイよなぁ。
予想通りの結果にならないのがCLのトーナメントではあるんだけど。。。

|

« 清水エスパルス×川崎フロンターレ | トップページ | 川崎フロンターレ×大宮アルディージャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/44695579

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー×リバプール:

« 清水エスパルス×川崎フロンターレ | トップページ | 川崎フロンターレ×大宮アルディージャ »