« 川崎フロンターレ×セントラルコースト・マリナーズ | トップページ | W杯出場決定、おめでとう! »

2009/04/30

川崎フロンターレ×京都サンガ、ほか

いろんなサッカーがあるね。

CL準決勝のバルセロナ×チェルシー。
Jリーグの川崎フロンターレ×京都サンガ。
CL準決勝のマンチェスターユナイテッド×アーセナル。

午後1時からの川崎×京都は、なんだかJ2時代を
思い出させるような一戦。
まったりとアウエー側で観ていたこともあるけれど、
あれやこれやで川崎が得点を重ねていって、
京都はなすすべなしと、昔同じ場面を見たような気がした。


それにしても京都は無策だった。
先発メンバーを数人代えてターンオーバーともいえる布陣で
不安いっぱいの川崎だったけれど、その穴を突くでもなく、
事前の対策がまったくなかったかのような戦い方だった。

ここ数年のJリーグは混戦の時代だけれど、綿密なスカウティングが
上位チームに楽に戦わせない状況を作っているからじゃないかな。
それはなにも対上位だけじゃなくて、相手の長所を消すサッカーが
流行ってるというか、欠かせなくなっているのは確か。
何も考えないで試合に臨むと、どこだって痛い目に合う。
京都は怪我人とかいろいろ事情はあったにしろ、川崎に好き勝手
にさせてしまったように思える。

川崎はその相手への対策はもとより、メンバーが代わることで
集中力と緊張感が持続していた。こうなると結果は明らか。
試合が終わる直前にちょっと気を抜いたプレーで失点してしまう
けれど、その悔しがりようといえば尋常じゃなかった。
まるでロスタイム決勝ゴールを与えてしまったかのような表情の川島。
最後に抜いてしまった選手たちも反省しきりで、快勝に喜ぶこともなし。
ちょっとチーム状態が心配だったけれど、この気持ちがある限り、
ハードスケジュールでも大崩れすることはないでしょ。
次の横浜戦でそこそこの戦いができれば、チームも安定するかな。

そんで、崩れないといえばチェルシー。
そりゃひいき目でみていることは否定しないけれど、
トップレベルの選手たちが引きこもりサッカーしたら、こんなにも
点が取れないもんなんだな、と感心した。
相手はホームで今季無得点試合がなかったバルセロナだ。
ずっと好調を維持して、アンリ、エトー、メッシが揃っていて、だ。
素晴らしい引きこもりだったと思う。
点を奪いに行くのもサッカー、防ぐのもサッカー。
そしてホームでの2ndレグがあるからこその戦術なのだ。
1回勝負で引きこもりするようなチームには魅力を感じないけれど、
(たぶん)2戦目にはもちっと面白いサッカーを見せてくれるでしょう。

ユナイテッドとアーセナルは、いつも通りの内容。
舞台は違っても、プレミアリーグと同じような内容と結果。
最近、時にバカ当たりするガナーズ、次はどうだろうか。
あれはユナイテッドであっても止められないから。
こっちも、2戦目がすごく楽しみだ。

|

« 川崎フロンターレ×セントラルコースト・マリナーズ | トップページ | W杯出場決定、おめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133927/44848755

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎フロンターレ×京都サンガ、ほか:

« 川崎フロンターレ×セントラルコースト・マリナーズ | トップページ | W杯出場決定、おめでとう! »